鼻ほじってる人の日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2003年10月1日(水) 「孫悟空」

熱血先生というのがこちらにも居ます。
その名も「クレア.ホールマン」
彼女の授業は「英語を滑らかに喋れるように」
が目的で、ひたすら本を読んだり、喋ったり、、、

で、その極みと言いましょうか?
ある日突然のたまったんです
「自分の興味のある事について取材をしましょう!」

当然クラスメイト同士で「ままごと」するもんでしょ?
違ったんです、、、

「あ〜住所不定無職、君はこの人を取材してくること!
 名前はケン、電話番号は○○○ー○○○○だからね、
 そうそう、今日アポ取りしないと来週まで彼出張だそうよ!」

街のスキーショップの店長で、面識は全くなし
けど彼の予定は知ってる...仕込みバレバレ

自分で「うちの生徒の練習の相手してやってくれへん?」
って電話するなら、ついでにアポ取っておいてください。

「電話は私のオフィスですればタダやから!」
さすが熱血先生、生徒のつかみ所を心得てらっしゃる。

しょうがなく先生のオフィスで電話をすることに
「まいど!○○スキーショップです」
「あの〜ケンさんいらっしゃいます?」
「ケンは私です」
「わたし住所不定無職といいます、私の....」
「あ〜南メイン大学の!知っとる知っとる」

先生、むこうからもネタバレですね!

その後の記憶はおぼろげです(起きたまま機能停止)

ですが、なんとかアポ取りに成功「来週火曜の午前11時半」
ケンも先生とネタ合わせしてるから心得てます

最初から「手の平」で遊ばされてるのを知っていながら
思うように遊ばれてしまうこの愚かさ....

2003年10月2日(木) 「要領」

昨日の記憶まったくナシ、憶えているのは
「帰ってくるのが遅かったから寝るのも遅かったな〜」くらい

ある先生が言いました・・・
「単語でもなんでも、37回書くか使う(喋る)かしないと覚えない」
37回という中途半端な回数に疑問を感じつつ実行します
音読するには、ちょっと年齢を重ねているので、ひたすら書く!

気分はあしたのジョー!いきなり景色が変わるのを感じました。

「ひじを右わきから離さない心がまえで、やや内角を狙い、
 ノートの端から、えぐりこむようにして書くべし。書くべし!」

もうそこには知性のかけらさえ感じられません
気合と根性で、ひたすら「えぐりこむようにして・・・」

戦国時代、{伝令さん}は伝える事を絶対に忘れないようにする為に
手足に傷を付けたそうです(その傷を見ると思い出す?)

右手に軽い腱鞘炎を感じつつ記憶をたどりました
「夜中まで英単語を覚える為に、よく勉強したよな〜・・・」

もうぜんっぜんダメ。意味ナシ!

「燃えた、燃え尽きた、真っ白によぅ。」

最近白髪が増えたような気がします。

2003年10月3日(金) 「商魂」

「祭り」に行ってきました。
「農業祭」とでも言いましょうか、「簡易遊園地」と言いましょうか
平たく言うと、「おじいちゃんから子供まで楽しめます!」

会場は一見すると、屋台がひしめきあい、
その横では「なんでも切れる包丁」だの「凄い皮剥き」だの・・・
日本の「お祭り」と大差ないように思います。

が、通路を挟んで「観覧車」や「バイキング」等の
アトラクションまであって、遊園地を思わせる光景。

その奥ではいわゆる「競馬」もやってますし(競馬場併設)
馬さん二頭引きで引比べ(何トンまで引けるか?)もやってます

私は見物することはできなかったのですが、
「ブタさんコンテスト」や「ウシさんコンテスト」まであるらしい。

「なんでもござれ」で会場内であらゆる雰囲気が楽しめます。

「日本人=金儲け主義」
負け犬の遠吠えなんじゃない?って感じました。
でも、日本の祭りより楽しい。これまた事実!

2003年10月4日(土) 「思いに耽る」

ホントに毎週休みのたびに雨が降ります。

朝起きると「雨だれ」
昼までゴロゴロ寝てしまう。
ホストマザーも「雨降ると昼寝に最適よね」って言ってた
私もそう感じるので「やっぱり同じ人間なんやね」と再確認
ノソノソ起き出し、昼御飯を家で食べるはずが
なぜか「中国料理」を食べに行くことになっていた。

店内は金髪のおねーサンが席に案内してくれます(すごい違和感)
日本では頑なに「漢字」のメニューもこちらでは当然英語。
「焼飯」と「堅焼そば」と「春巻き」が一枚に盛られてるヤツを注文

「春巻き」にパン粉まぶして油で揚げてある(トンカツみたい)
中身に真っ赤な「デンブ」がいっぱい詰まってた
妙なところで自国の色彩感覚を出さないで欲しい・・・
前回の例(違う品物だが、マズかったので食べなかったら怒られた)
の手前、食べない訳にもいかないので食べる、やっぱりマズイ。
他のはまあまあ普通に食べることが出来る。(チップいれて7ドル)

帰り際に、車について考え事をする。
こちらでアメ車を見ると、じつにシックリきててかっこいい。
それに比べ外車(日本車とかドイツ車とか)はイマイチ
日本でアメ車はイマイチ(他の外車はシックリ)だったので
アメ車というのは一種独特な存在なんだな、と思う(だけ)

料理も一緒で、
「他国の料理は独特の感覚になってしまうんだろうな〜」
なんて思ってしまう、雨降る土曜日のアンニュイな午後

深夜に「ラム酒」を煽りながらまた考え事をしてしまう
「そういや中国で中国料理食べたこと無い!」

26歳、まだまだです。

2003年10月5日(日) やっぱり雨」

7時半、物音に驚いて起床
ホストファミリーの起きてくる音だった
昨晩「ラム酒」を酩酊するまで飲んだわりには目覚めヨシ!

TVを見ながら
「あ〜でもないこ〜でもない」
と話をしつつそのまま寝てしまう。

昼前に起きると、それぞれに昼食を摂るみたいで
家で食べる組と外に食べに出る組に分かれていたが、
今ごろになって二日酔い?の症状が出てきたので
「家で食べる組」と見せかけ
「何も食べない組」を一人で立ち上げ、そのまま就寝
アメリカで初めて組織を作った瞬間だった。
(日本では全日本妥協協会を組織していた。たまに会員の増減あり)

昼過ぎに起き出し、家の壁貼りの「手伝い」をする
専門的な事には手がでないので、ボンヤリ椅子に座って眺めてると
「スーパーバイザーが居てる!」と、嫌味を言われる。

日本でも「窓際の席で鼻をホジる」のが仕事だった私
こちらでも適当に仕事を貰い、怒られない程度に仕事をする。
「あともう少しで終了」って時に雨が降り出し強制終了!
今日も中途半端で終わってしまう、
もうすぐ雪が降るというのに、この仕事の遅さよ・・・
このままでは雪の降る中「おしん」になってしまうこと必須!

同居人が言ってました
「けど、雪が積もると落ちても痛くないよな〜」

そもそも落ちることを前提にしないでください。
一昨年ゲレンデで、雪が硬い事を自らの体で実証したのはアナタです。

「おしん」が決定しそうです。

2003年10月6日(月) 「感動」

月曜日は長い。
週明けに朝から晩まで学校で過ごすこの辛さ。
しかも休み時間がやたらと長い!しかも中途半端
一日の半分をボンヤリ過ごしてしまう


住所不定無職今日の映
「オクトーバースカイ」原作ロケット・ボーイズ

夜空にスプートニクを観て
宇宙に行くことを夢見てしまう青年の話(実話だった)
久しぶりに良い映画、隣に淀川長治が降りて来たかと思った。

☆感動部分☆
最後に父親の理解を得、ミニロケットの発射ボタンを
父親が操作、無事成功。
上がってゆくミニロケットを二人並んで眺めながら、
父親が「良くやった」とばかりに、息子の肩に手をかける・・・

伴宙太に負けないくらいの涙を流す
「いま猛烈に感動している・・・」

2003年10月7日(火) 「インタビュー」

とうとうやって来ました、火曜日(11時半に約束アリ)

午前中の授業も半分うわの空、
イメージトレーニングが大事とばかりに
独り言をブツブツ、、、

「こう来たら、あ〜返す。で、次にこう言って」

そうこうするうちに授業終了、11時ぴったり予定通り!が、
「あ〜宿題は、194ページから、、、」

なんで今日に限ってそんな大事な事を最後に言うんですか?
予定変更、走る走る、、、

11時20分無事到着!
気持ちを落ち着かせつつ、インタビュー開始
「こんにちわ、わたし住所不定無職、、、」
「ベラベラベラベラよく来たねベラベラ、オフィスいこうか?」

いきなり必殺技を出され、ほぼ機能停止。
ウルトラマンでも、スペシウム光線は最後です、、、

「ベラベラ、この業界をベラベラ25年ベラベラ」
はい、25年の経験ですね。
「ベラベラ、自分の店を五年ベラベラベラベラ」
はい、自分の店を五年間やってたんですね。
「ベラベラベラベラベラベラ?」
冗談や!取りあえず笑っとこう。
「ベラベラベラベラ、、、、」
あ〜ベラベラでベラベラなんですね?機能停止!

もはや修学旅行生と喋るロウ人形。

先生、なぜ彼に台本を渡しておいてくれなかったんですか?

2003年10月8日(水) 「旅行計画」

朝からミョ〜に眠たくて冴えない一日なのに
韓国人の級友が今度の休みの旅行計画をしたがっていた。

「ナイアガラ瀑布とカナダ3泊4日」(片道1200キロ)
もちろん車で移動、私も運転手の一人

冗談じゃない!と思い、遠回しに断ってみるが
まったく相手にされない、、、、
しかも旅行計画の中心グループに引き込まれている。

日本人に日本語で根回しをしてみるも、
持ち前の奥ゆかしさで、イマイチ決定打に欠けてしまう。

代替案として
ポートランドで酒を呑む、浜辺でバーベキュー、
アイスクリーム工場見学&アイスクリーム食べ放題、、、
など、未成年にもやさしい計画を立案するも全て却下!
しかも、ちょっとさげすんだ目で見られる。

その割には「お前の考えを聞かせろ?」などと聞いてくるので、
「牛歩作戦!」
あらゆるプランに難癖を付けまくり(屁理屈得意)
「明日まで再考を要する」ところまで持っていくことに成功。

「日本人は何を考えてるか分らない」と言われる所以を見せ付ける。

「お前はこの計画に反対なのか?」と言ってくれればね〜、
などと考えてみるも、やっぱりダメなことに気付きました、
だって絶対に言うと思いませんか?

「決して反対してる訳じゃない!」

2003年10月9日(木) 「続 旅行計画」

とうとう決定してしまいました。

「ナイアガラ瀑布とモントリオール3泊4日」

日本の旅行会社なら、

「秋の味覚!カニ・松茸食べ放題!
 ナイアガラ瀑布と紅葉のモントリオール3泊4日」

こんなところでしょう。

が、私達の計画には修飾語が存在しません、目的語ばっかりです。

「自分の行きたいところ」は「当然他人も行きたい」つまり
「旅行は自分の行きたいところ」で決定。
他人の意見は言わすだけ言わしといて、全て却下、、、う〜ん完敗。

明日から旅行に出かけます。


27回目の誕生日をアメリカで迎えました。

「お父さんお母さんありがとう、
 あなた達のおかげで、すばらしい人生を送ることができています。」

2003年10月10日(金) 「人付き合いあれこれ」

現地時間で誕生日を迎え、大型連休の前日で半ドン授業
クラスメイトとの旅行初日です、いつもと違いすぎる金曜日でした。
二時間目の授業開始前に早速すれ違い発生!

A君  (飛行機好き、会話が成り立ちにくいタイプ)
同居人(冗談に見せかけて人を計るタイプ、要注意)
私   (傍観者、先生に同居人と席を同じくする事を禁止されいてる)

ボンヤリ授業が始まるのを待ってました
二人は飛行機の搭乗手続きでの危険物所持検査についての話、、、

同居人「オレっていつも検査にひっかかるんよね!A君もやろ?」
A君  「なんで?」
同居人「見るからに怪しいタイプやもんな!」

相変わらず辛辣(しんらつ)な冗談で人を計るな〜。と思った矢先

A君  「君のそうゆうところが大嫌いなんだよ!」
同居人「は?なんて言うたん?よく聞こえなかった」
A君  「・・・・」

どう言おうか考えてる様子だったので

私   「同居人の事、大嫌いらしいですよ!」
同居人「は?」
A君  「そうそう、君の事も本当に大嫌いだから!」

ちなみに「本気」だそうです

私には「本当に」なんていうおまけ付き!
しかも「そうそう」なんて、前から嫌いだった上に
会話上、更にレベルアップされた感も、、、

鳩が豆鉄砲撃たれた感じと表現したらいいんでしょうか?
まさに晴天の霹靂(へきれき)でした。

飲会での標的決定!

2003年10月10日(金) 「旅行出発」

昼食後旅行に出発

「ポートランド」→「アルバニー」(本当はクーパスタウン)

予定より1時間遅れで出発し、大渋滞にはまる(しかも運転手)
途中何度も孤独になり、後部座席の子供達?が目覚める度に
トイレとレストランを探すというお母さんの気持ちを味わう。

渋滞にはまったおかげで予定地を変更
なんとかモーテルに到着し、さて晩御飯というときに
「外で食べるとお金かかるし、腹減ってないから行きたくない」
などと「のたまう」同行者が、、、

勝手に「マクド」でハンバーガーをパクつき、その挙句がこの有様。
旅先で「地の物」を食べないなんて考えられないので、
強行に反対するも多数決で敗退。しかも、
「全国チェーンのスーパーで何か買えば?」などと、、、
怒りに体を震わせつつ、明日は必ず外で食べることを約束し
スーパーで買い物、部屋でビールを煽る。

「食べたくない」と言ったはずが、しっかりラーメン食べてるし、
「やっぱ酒好きなんやね〜、ペースが早いもん」と火に油を注がれる

お兄さんは本気で怒っています。

2003年10月11日(土) 「ナイアガラ瀑布」

深酒にしてはやたらと目覚めがいい朝でした。

シャワーを浴び、身支度を整え、、、ても同行者は起きてない!
しかも慌てる様子も無く風呂に入り、タバコまで吸う始末。
言い出しっぺで「現行不一致」しかも譲ることを知らない。
日本人の美徳とされる部分が、ことごとく欠落しています。
が、本人は日本人じゃないので言ってもムダ!我慢して待つことに。

昼前に「クーパスタウン」着
「野球博物館」を見学。興味が無い上に全部英語!
授業よりも厳しい時間を過ごす。
旅行計画者はご満悦で「あっち」も「こっち」も!
こちらは「これ誰?」「偉いサンやろ?」「へ〜、で?」
こんなに温度差のある団体も珍しいのでは?

見学のあと昼食を摂り、ナイアガラ瀑布を目指し一路カナダ国境へ!
5時過ぎにカナダ国境へ到着。が、1名書類不備が発覚!

☆★☆ 入国不可 団体なので全員追い返される ☆★☆

当事者は
「オレを置いてカナダへ行ってくれ!」

などと、映画の感動シーンを思わせる言葉を言っている、

「何を言うんだ!行く時は全員一緒だ!」

って映画なら行けるんでしょうが、現実は厳しくあえなく予定変更
カジノで一山当てる夢も、カナダ人と飲み明かす予定も不可能へ

思わぬ予定変更で、当初のホテル(カナダ側)をキャンセル
今晩の宿を探すことにするが、ホテルを探すのにも一苦労!
すっかりヘソを曲げてる「言い出しっぺ組」
「安いホテル」と強行に主張してくる割には
「安いホテル」は危険だから嫌!などと矛盾した事を言い出す始末

はてさて、、、どうしたもやら

2003年10月11日(土) 「続 ナイアガラ瀑布」

結局、嫌がっていたホテルに行くことになるが
そのホテルはもう満室!でも、そこの「おじさん」に
郊外(バッファロー)のモーテルを紹介してもらう。

近所に「バー」らしきところを発見済みだったので
行く気満々で用意、だって約束済み!
が、約束を反故にされ「すしバー」へ、、、

仕方なく行動を共にするがアメリカで、旅行先で、貴重な時間に
「すし」を食べてる自分にだんだん腹が立ってきて

「この後はバーに行く!」と宣言、承諾を得る

当然、バーに行くのかと思いきや
「夜のナイアガラ瀑布を見る」になっていて愕然とする。
完全にふてくされたまま「夜のナイアガラ瀑布」を見学

帰ってきてから念願の「バー」へ!
「言い出しっぺ組」には付いてきて欲しく無かったが、
声を掛けると付いてくるらしい、、、

危険な雰囲気を漂わせていたが、店のおばさんがいい人で
いろいろな話をする。
たまたま注文した「チキン」が本場の「バッファローチキン」
であることを知り、「地の物」を食べたことに満足。
同居人と旅行をすると、面白い発見がある事を再確認
ウイスキーをしこたま煽り就寝!

カナダに入国できなかったおかげで、本場の味を堪能。
旅の醍醐味?

2003年10月12日(日) 「あとのまつり」

やっぱり一番最初に起き出す。
全員の寝顔を写真に収めるべく奮闘するも
殺気ムンムンで近寄るためか失敗。

外はあいにくの曇り空
滝が完全に空と一体化されていて、イマイチ迫力に欠けるも
日本人根性丸出しで写真を撮りまくる!

観光船に乗り、下からも観光
「観光船」なのか「滝打たれ船」なのか?

当然直接打たれる訳ではないが、嵐のごとく襲いかかる水滴
猛烈に臭い!よく見ると河のあちこちで「消えない泡」が
合羽にも白い斑点が、、、屋根のあるところに退散!

結局3時過ぎまでそこら辺(カナダを含みます)をウロウロ
アメリカ人?はパスポートを使わず、
「州のIDカード」で出国しているのが印象的。

結局カナダ滞在時間は、前日の5分間と本日の1時間半
こんなに短い滞在は今後一生経験しないハズ!いい経験
しかもアメリカへの入国は一切の検査ナシ、パスポートも見ない!

「やっぱりオレが良い男やから!そう思うやろ?」
などと、一番怪しい人から口を開き始める、
同意を求められたが、聞こえないふり。

帰途の中継地点として、また「アルバニー」へ
ただただ移動、同じ道を帰るのはつまらないので
運転を代わってもらい、後部座席でゆったりと寛ぐ

「アルバニー」でホテルを探している途中「デイズイン」
で、メチャ可愛いフロントの女の子と話し込む
「1室に6人で泊まってもいい?」でがっちり掴む事に成功!
不思議と話が解るモノで、色々聞き出され、色々聞き出す。

「もうすぐ仕事が終わるから、、、」と言われ、
「ホントに?良かったね!」などと返してしまった自分に自己嫌悪。

しかも今になって、誘われていた事に気付く程の鈍さ!
まだまだ心を読むほどにまでは喋れません

2003年10月13日(月) 「最終日」

すがすがしい目覚め。「8時、、、30分?」

焦りました。モーテル出発予定が8時半!
隣のベッドでは、、、、まだ寝てます18歳。

とりあえず他の部屋の様子をうかがいに行くと
一室目→「ノックの後ちょっとして扉が開く。起き立ち、ズボン着用」
二室目→「ノックの後しばらくして扉が開く。起き立ち、パンツ一丁」
次の部屋が無くてヨカッタ!と感謝しつつ部屋へ、、、

ゆっくりと身支度を整え、隣人を起こし集合場所へ。
やっぱり最後までやって来ません「言い出しっぺ組」
(次から集合時間を二つ用意します)

最終日だけあって、皆さん口数も少なく帰途に着きます。
ボンヤリ外など眺めながらポートランドへ(途中の記憶まったくナシ)
「や〜や〜お疲れさん!」などと言いつつ解散

総支出
食事代ほか、全て含めて「300ドル弱」安い!

自宅への帰りに「中華料理食べ放題」の店へ
ビール注文時に年齢確認されたり、
同居人の彼女が、すしバーで「えび握り」を断られ、
代わりに、二人して注文に行ったり(ケンカ腰で注文するとOK)
やっぱりどこかで何かがあるゾ、アメリカ大陸!

2003年10月14日(火) 「休日も最終日」

完全に4連休の最終日である事からの現実逃避へ、、、、

昼前に先月購入済みの「スキー場シーズンパス」の作成へ!
昼からホームステイ先の外壁貼り。

夕食はホストファミリーが誕生日を祝ってくれました。
ホストファーザーは「多目的ナイフ」
ホストマザーは「同意語辞典」

前々から買おうと思っていたものだっただけに本当に嬉しい。

現実逃避をしてた為に記録もコレくらい、、、、

2003年10月15日(水) 「連休明け、前途多難 約1名」

アメリカでの週明けの会話

「週末はどうだった?」
「もう最高!あそこに行ってそれでどうで、、、」
「そりゃ凄い!で?で?」

つまりは週末には必ず「何か」をしなくてはならないのです

「週末は何してた?」
「息してた」
「オレもオレも!」

こんな素敵な会話はここでは絶対に許されません。

で、私達の会話がどうだったかと言うと、、、
(ちなみに週末にカナダへ行くことを言いふらしてます)

「ナイアガラ瀑布はどうだった?」
「うん、デカかったよ!滝の水飛沫が嵐みたいに降ってきて、、、」
「そりゃ凄い!で、カナダはどうだった?」
「はい。事情により行けませんでした」
「なんで?なんで?」

事情の張本人目の前にして言えません「行けなかった理由」なんて。

頑張れ!張本人。苦しいのは君だけじゃないゾ!!

2003年10月16日(木) 「そして日常へ」

筋肉痛が1日遅れてやってきませんか?
記憶の反芻も1日遅れでやってしまいます。

今日になって
「あ〜、色々あったけど、楽しかったなぁ」や
「あ〜、ナイアガラって大きかったなぁ」
「あ〜あ。お姉ちゃん可愛かったなぁ」等々

かなり感動の薄れた大人の感想で頭が一杯です。
今日にもなると、同じ事を何回も言わされるので
更に感動が薄れる感じ、、、、

「ナイアガラどうだった?」
「はい。大きかったです。行くなら、ぜひカナダ側から見てください」
「カナダどうだった?」
「はい。今度はもう少し長く滞在したいです。」

先生達も、話が小耳に挟まってる感じで、社交辞令的です。
あまり問い詰めるのも酷ってもんですし。
やっと日常会話な生活へ戻れそうです。

今日の最終の授業が突然のキャンセル!
それを知らずに、ただ待つこと1時間半。
改めて時間の使い方を考える事にします。

2003年10月17日(金) 「ネタで勝負」

同居人の彼女がボストンで「部屋」を探すらしい。

家とボストンの間にポートランドが在るので、もちろん彼女も
朝からポートランドへ来ています。つまりポートランドから
直接ボストンに行くわけで、もしも別行動なら自力で家へ帰る事に。

公共交通機関の発達していない米国で、しかも130キロにも及ぶ
道程をどうやって帰ります?強制的です。

同居人いわく
「誰かのところで泊まればいいやん。明日には帰ってくるやろし」

誰かって、、、だれ?
しかも「やろし」って、そんな気はないんでしょうが未定です、、、
というわけでボストン同行決定


金曜日は半ドン、同居人の彼女が一緒です
もうお分かりですね!昼食はすしバー「与作」

今日も何かが起こりそうな雰囲気の「与作」
メニューが二つに分かれていました。
一つ目は「揚げだし豆腐」や「イカ焼き」等々の居酒屋的メニュー
二つ目は「NEGIRI」、、、ん?「値切り?」

やってくれました米国人!
「握り寿司」→「ニギリ」→「ネギリ」 バンザ〜イ!!!

ハカマのお兄さんが、これまた日本通?日本の友達が居るんでしょう。
店員「ワタシ、日本語ハナセます」
私達「へ〜。どれくらい」
店員「今回だけはナントカ大丈夫、でも次やったらコロスよ」

私達が何をやったというんでしょう?

あなたがメニューを持ってきただけで、私達何もやってません。
しかもテーブルでのお会計の時、ハカマのお兄さんが何か書いてます。
請求書を開いてビックシ「謝謝!!」って、、、、
あなたさっき「日本語話せます」って言ったばかりでしょ?

アメリカでは「寿司屋」で扱うネタが違います。

2003年10月17日(金) 「ボストン」

車内では熟睡のため記憶ナシ。
夕方にハーバード大学のすぐ隣のホテルへチェックイン!
その後すぐに部屋を見に徒歩でボストンの街へ、、、、

同居人と彼女は目的があり、二人で「あ〜のこ〜の」
私には目的が無いので、宿題の一つを片付ける事にします

「バンパーステッカーを探せ!」

日本では「返せ!北方領土」や「FM802」等でおなじみ!
車の後ろに回りこみ、フラッシュを焚いて写真撮影をしたのは私です。
「皆さんご協力ありがとうございました」m(__)m

終了後ホテルから歩いて15分程のレストランで食事
「カキ」やら「ステーキ」やらでビールを飲む
いい気分でホテルに帰り、ベッドで転寝してると、、、、

「骨折れた!ティッシュ取って!!」

そこには手から血を滴らせ狼狽している同居人が!

「ここには無いっス!洗面所に行ってください」

床にはそこらじゅうに鮮血が落ちてます、後を追いかけ洗面所へ、、、

その場で気を失うかと思いました。真っ暗な中、洗面台に突っ伏す同居人。
電気をつけると、、、白色の洗面化粧台が赤色に!しかも色が流動してる。
薬を探してみるも、「下痢止め」や「うがい薬」で役にたちません
そうこうしていると、指にティッシュを巻き同居人が部屋へ。

事情を聞くと
「外に出るときに、靴を完全に履かないまま出ようとした。
危ないと思い壁に手を突き、靴を履こうとしたドアに指挟まれた!
しかもドアの根元の方、ボキボキって音がしたヤバイかも。
傷口も切れたというより、引きちぎれたって感じ。見てみる?」

そんなもの見た日にゃ夢でうなされます。

様子をみる為ベッドで横になってると、イビキをかいて眠りだしたので、
ただ切れただけ!と勝手に判断、そのまま就寝

靴はちゃんんと履いて行動しましょう。

2003年10月18日(土) 「続 ボストン」

指の様子はたいしたことも無かった模様
朝から彼女と「パブでラグビー観戦」に出掛けました。

私は部屋で一人惰眠を貪る事に。

土曜日、大学そばのホテル、隣は教会。
白を基調とした室内、ゆったりとしたベッドの足元には
出窓のカーテンから洩れる朝の柔らかな日差し、
目をやると、隙間からは隣の教会越しに青空が広がり、
たまに行き交う鳩の姿、、、、

場面は完璧に映画のワンシーンまたは小説の一場面

だが、実態は「ガラパン」一丁で尻を掻き掻き
お子様番組を見ながら馬鹿笑いをする ☆住所不定無職☆27歳

しかもシャワーを浴びてる間に、メイドのおばさんに乱入される。
前回は「便器に肥料をやってる時」に入られるし、、、、

もう「お婿」に行けません

2003年10月19日(日) 「日曜日」

昼前に起きて

昼過ぎから日曜大工の手伝い

夕方から物凄く寒くなる(冬の予感)

夕食は買ってきた「ピザ」

淡々と時間が過ぎる日曜日

2003年10月20日(月) 「意見それぞれ」

「痛い」今日始めての言葉、、、。
新聞を取りに外へ出ると「−7度」
半袖・ガラパンには、ちと辛い気温でした。

凍ったトゲトゲの「ぴちょんくん」が刺さる感じとでも表現しましょうか、、、
http://www.daikin.co.jp/pichon/

南国育ちの私の日常では考えられない気温です。
「スキー場」でさえ10月には記録しない温度です

当然、車にも霜(氷)がビッシリ!
ガラスの氷を溶かす為に水をかけるも、かけたそばから凍る始末。
14年程前に「−40度」を記録したことがあるそうです、、、
「バナナで釘が打てる」かどうか確かめられそうな予感

友人からのメールにこんな一文が
「寒いったって自分太ってるやん?他の人もっと寒いはずやで!」

太かろうが、細かろうが寒さを感じるのは表面です!!!


住所不定無職今日の映画
「Stranger Than Paradise」

自らの日常生活が「つまらない」と感じる青年たち、
「フロリダ」にはきっと面白い事があるハズ、、、
そんな気持ちから「フロリダ」へ向かう。

最小限度の台詞。あとは演技と撮影技術で構成。

私、こういった映画が大好きです。
観た時の自分の感情が、感想に反映されると言いましょうか?
観る度に感想が違う。観る度に新しい発見がある。
「芸術性が高い」と表現すれば、つまり「つまらない映画」

2003年10月21日(火) 「究極?」

渡米してとうとう2ヶ月になりました。
「光陰矢の如し」と言いますが、本当に早かった!

思えば8月21日にやって来て27日から「オリエンテーション」
9月2日から学校が始まり、、、もう10月終盤です。
来た時となんら変化が感じられない。
もっと貪欲に「アメリカ」ってヤツを追い求めなければ!


今日の夕食
ホストマザーがお出かけの為、ホストファーザーが食事当番

「ホットドッグ」と「チーズマカロニ」

☆チーズマカロニ☆
マカロニ茹でて、ペースト状のチーズを絡めただけ!
チーズとマカロニの味のみ(当然なんですけど、、、)

「美味しい!」とも言い切れない微妙な味、何かが足りない。
冷蔵庫からアレコレ引っ張り出し、混ぜたり、かけたりしてみるも
不味くなるだけ。

日本に住んでた時から食べてたらしい同居人に相談してみました。


「何か一味足りないと思いません?けど何しても不味くなるんです」

「チーズマカロニやからねぇ」

「・・・・・」

2003年10月22日(水) 「ヨダレがでるの?」

昼からの授業が15分で終了する。

熱血教師「クレア ホールマン」が、
御主人(日本人)と一緒に、移民局へ行くらしい。
ことプライベートな事に関しては、いつも上手くかわされてしまう(当然?)
クラスの皆は、どう思っているのか?

1、授業が早く終わったことに歓喜する組(興味無し)
2、遅刻してまでやってきたのに、すでに授業が終了してた組。
3、今さら「御主人は日本人ですか?」などと、
  既に明白な事実を再度問いかけてしまう組。
4、プライベートな事だけに、物凄く追求してみたい組(私)

先生も、当然前から判っていた事なのに、当日になって
「嬉しい発表があります。今日は私に用事があるから授業が短いのよ!」
などと、恩着せがましく言ってしまいましたね?

「ドタキャンしてまで行ったんですから、詳しく聞かせて下さい」
と言われる事を予想していなかったのでしょうか?
次の授業が楽しみです。


今日の夕食
「BLTサンドウィッチ」と「クラムチャウダー」
(私の両親へ、「BLT」はベーコン、レタス、トマトの略ですよ!)

家族「日本人はちょっと焼いただけの、
   油ギトギトのベーコンを食べるのよ、信じられる?」
家族「本当に?そんなの食べたら病気になるわ」
私達「カリカリにして食べるの嫌いな人多いんじゃないのかな〜」
家族「ほらね!他にも日本人の、、、、、、」

予想していたのですが、何回繰り返せば気が済むのでしょう?
あなたは「パブロフの犬」ですか?

2003年10月23日(木) 「初雪」

昨日の夜から「雪」
積もる程ではないのですが、雪降ってます。

雪は大好きなのですが、「雪道」は大嫌い!
しかもまだ「ボタン雪」で、服に付くとすぐに融けてしまう。
午後までずっと降ってたわりには積もらない、、、、つまらない。

木曜日は一週間のうちでいちばん遅く帰る日
最後の授業が4時10分始まりで、終了がだいたい6時

「TOEFL」の授業なのですが、
先生の「マシンガントーク」が授業の大半を占めます(テスト対策の授業ですから)
今日も先生は絶好調!僕は絶不調!
「聞き取り問題」が20問中2問しか正解していない。
そうとうに凹みます、当然生徒も減ってます。(当初の半分まで)


今日の夕食
「ポークチョップ」と「ワイルドライス」

☆「ポークチョップ」☆
ブタさんの「骨付きステーキ」
帰宅途中に「今日はステーキが食べたい!」と話してたので、
「今日は願いがかなう日?」とちょっと錯覚(雪降ったし、、、)
もしもの為にもう一つ願い事をしておきました!「痩せますように・・・」

☆「ワイルドライス」☆
http://www.gohan.ne.jp/okome-data/01/139.html

混ぜ御飯?黒い「茎茶」みたいなモノが白米に混ざってる、、、
確かに見た目は「ワイルド?」
ブイヨンを使ってるので「ピラフ」に近い味、料理方法が似てるし。
バジルの葉っぱが「海苔」みたい、日本人は好きかも?

2003年10月24日(金) 「きれいにして欲しい?」

結局「クレア ホールマン」に、うまく逃げられました。

彼女「ボストン」に急いで行ってしまいました。
授業終了後の昼食会(金曜日は毎週タダメシ)で
じっくり聞き出してやろうと思ってただけに、ガッカリ。

「来週の授業で暴いてやる!」

今日の夕食
「タコス」(食事なのだろうか?)
住んでる町の名前が「メキシコ」だけに、本当にメキシカン?
メキシコ人、一人も居ませんけどね、、、、。

食後待ちに待った「スキー用品特売会」へ行くため、
車で30分かけて隣町「BETHL」までドライブ、開場まで30分待ったが買い物は10分で終了。
中古品ばっかりで、主は「子供用品」大人用は、あっても私には大きすぎる
帰り際に「残念会」をするためにビールを買い込み帰宅。

ビールを飲みながら同居人・ホストマザーと話し込む、深夜1時頃まで。
・「第二次大戦について」
・「携帯電話日米対決」
・「ウォシュレット日米対決」


こちらでは「ウォシュレット」の普及率が悪いそうです。
むしろ便座に「ビデ」と「尻洗い」が付いてる事自体が驚きだそうで、、、、

酔っ払ってるのも手伝って

「なんでケツ穴を洗わないんだ!ケツ穴は洗うべきだ!」

「ケツ穴が、ケツ穴が!」と何回も繰り返してしまう。
ひとしきり爆笑された後、「おしり」と訂正される。
「言葉を知らない」って本当に恐ろしい、、、、、
間違ってはないと思ってるのですが、あまりに直接的で下品?

私の名前は 「ケツ穴日本人」

2003年10月25日(土) 「寝言」

朝食時に「同居人の彼女」が、

「ちょっと聞いてよ!きのう住所不定無職がね、、、、」

私は何もしていないし、だいいち昨日は話してません

「私がテレビ見てたら、いきなり喋りだして最後にね
 英語で1965年って言ったの!ハッキリとよ!
 もう大爆笑!何よ1965年って?」

相変わらず人の「プライバシー」をネタに話するのが大好きです。
しかも「寝言」の話題ですか?

「単語」じゃなく「会話」を寝言でしてしまうだけに事実でしょう。
でも、とうとう言ってしまいました「英語で寝言」ちょっと嬉しい

「寝てる時は無防備」と言いますが、私の場合は「心まで無防備」


「あなたの秘密事を私は知ってるのよ!ウフフフ」

宣言されてしまいました。
この間の「ボストン」では「とってもエッチな夢」を見てた私、
何を言ってたか、想像がつくだけに恐ろしい、、、、。

私の秘密返してください

2003年10月25日(土) 「ポートランド」

今日は夕方からポートランドで級友達と飲み会!

同居人の彼女が、ボストンへ出掛けてしまうため、ポートランドまで送り迎え。
「どうせ行くなら飲みに行こう!」
ということで、級友を拝み倒し部屋に泊めてもらうことに。

が、昨日までの話の流れ。いざ彼女を送り、皆と落ち合う段になって、同居人から

「で、今からどうするの?」
「え?寮に行くんでしょ?」
「だから、その後の今日の予定!」

私、「言い出しっぺ」になってました。

慌てた慌てた!寮についてからも皆から
「今日はキャンセルになったんでしょ?」

なんて言われてしまうし、同居人からは遠まわしに
「夕食だけ食べて帰りたい」みたいな事を言われてしまうし、、、、
人のこと言えません、私。

みんなに助けてもらいながら、人をかき集め総勢6人で「飲み」に行くことに

当然の事ながら、どの店も 「満員御礼」 街を彷徨った挙句、適当な店へ
一軒目の「イタリアンレストラン」で気分が盛り下がったのですが、
二軒目の「パブ」で、みんなの機嫌が良くなる(そう思いたい)

席が一杯で、立って飲むことになったのですが、
ビールを醸造している店で、新鮮?なビールが飲めた。
注文をする時に、近くに居たおじさんが「ゲイ疑惑!」誘われてた?
それぞれの国で集まって飲んでしまうが、級友それぞれの色々な話を聞けた!
夜も更けるにしたがって人も集まるし、バンド演奏もあったし、、、、

「さあこれから、もう一丁行っとく?」な気分のところで級友に言われてしまう
「もう私達帰ったほうがいい、むしろ帰るべき!」←直訳

部屋に帰ってからも、「マトリクスリローテッド」を観ながら
最年少の級友相手に、ワインなんぞを煽ってしまう。
しかもそのまま寝てしまい、その彼に気を遣わせ、毛布を掛けてもらう(本当に嫌なオジサン!)

その後の記憶は、たまに目が覚めた時の途切れ途切れなモノばかり!

「イビキ」と「寝言」はそうとうなモノだったのでしょう。
怖くて聞けませんし、一緒の部屋で寝た人達も何も言いません、、、、。


みなさん「人の秘密事」は大切に!墓まで持って行きましょう!

2003年10月26日(日) 「日曜日」

習慣なのか?床が硬かったのか?
時計を見ると6時半、いつも通りの時間にお目覚め!

昨日の夜を振り返ると
夜中に床の上をゴロゴロ、、、、、
隣のベッドの下に、足から潜り込もうとしてみたり、
頭から潜り込もうとしてみたり。(頭がつっかえて不可能でしたが)

周りを見回そうとして、思わず「ビク!」っとなる
隣のベッドで寝てる?級友がこっち見てるし、、、

「お、おはようございます、、、、」
「、、、、、、」目をつぶってしまう、どうやら寝てるらしい

同居人は違うベッドで「高イビキ」

まだまだ皆さん起きそうにないので、あちこちを掃除してまわる。

ふたが開いたまま床を転げ回る「プ○リングルス」
チョコレートの銀紙でスパンコール化した床
洋上をさすらい、浜辺に打ち上げられた様に哀愁漂う酒ビン
踏み付けられた、誰かのタバコ

寝てしまってから、もうひと宴会あったらしい。

そうこうしているうちに同居人起床。家主に礼を言いポートランドを後に、、、

昼前に自宅到着
昼から小雨のばらつく中、外壁張り!猛烈に寒いが
スーパーバイザー(ホストファーザー)の許しが出るまで止められません。

「止めてヨシ!給料はでないけどね。」許しが出たのが4時過ぎ!

今日の夕食
「鶏肉とピーマンの炒め物、オレンジ風味」
こんな味もアリかな?美味しいんですが、
「オレンジ風味」「オレンジ味」オレンジ全般で
皮の味がするのは、なんでなんでしょうね?
オレンジ(みかんを含む)食べる時、皮まで食べます?

「皮まで愛して!」

なんて、ちょっとアレなCMが昔ありましたが、内側の皮です。
外側の皮、苦いと言うか、エグイと言うか。苦手です

2003年10月27日(月) 「諦めが大切」

昨日から冬時間になってます。
1時間セットバック!日本から考えると、時差が−14時間になります。

「やた!1時間も余分に寝られる。」

考えたのもつかの間、実際1時間余分に寝られるのは

「日曜日の朝だけだった!」

土曜日の深夜、日曜日の早い朝に時間が変わりますから、、、、


朝目が覚めると大雨!ポートランドに着くと、もっと凄い雨!
昼休みに車を移動しなくてはならないのに、かなりの大雨。
傘なんて持ってません、身体が洗えそうな程の雨。

「風邪をひく危険を冒すか、素直に10ドル払うか、、、、、」

だいぶアメリカ人らしくなって来ました。「金で解決したい!」
でも、やっぱり根本は日本人「あ〜もったいない、もったいない!」

ヌレネズミになり、「よっ!水も滴るいい男」
などと自分自身を誉めてみたりしながら、なんとか校舎に近い駐車場を獲得!

午後の授業開始まで1時間じっくりと考えます、
どうやって「クレア ホールマン」からプライベートを聞き出すか、、、

考え事する時って、半分以上他ごと考えませんか?
全然考えられませんでした。

「あ〜、あの人に手紙書かなあかんなぁ。」や、

壁に寄り添って座っていたので、とりあえず言ってみたりします。

「あ〜、しば漬食べたい」

山口美江になるかと思いました、、、、、


聡明な方なら、もうお気づきのハズ!

そう。聞き出せなったんです。
先週クレアは「ボストンの歯医者」に行ってたそうです。

「ボストンには歯科学校があって、全米でも最高の技術!
 そこで診てもらう(?)と、最高の技術をより安く、、、、」

正直思いましたよ、「ウソ臭せぇ〜!」

普通に考えて、向こう隣の県の歯医者まで行きます?
高速道路を使って、片道2時間以上!300キロ程あるんですよ?

もうやめます、どれが真実か解らなくなりますから、、、、敗北。


今日の夕食
「パスタ」「ガーリックトースト」
日本で言うところの、「お好み焼き定食」とか「ラーメンとライス」と思いきや、

マカロニの親玉みたいなパスタにクリームソースを和えただけのモノと
でっかいパンを縦割りにして作ったガーリックトースト!

つまり「卵かけ御飯」で「ふりかけ御飯」を食べるみたいな感じです。

2003年10月28日(火) 「○○と秋の空」

今日も元気です。天気もよかったです。昼休みも2時間、、、、暇です。
よって、かねてからの懸案事項解決にいそしみました。

「兄へ書類を送る!」

いざ送る段階になると、書類だけでは味気なくなり、
手紙を書くことにしました。(環境が変わると、何かしてみたい!)

「兄、、、、上?殿?様? 実名+様?」何かおかしい。
やめる事にします、封筒の宛名に書いてありますから。

「拝啓、初冬の候いかがお過ごしでしょうか?」
兄弟宛の手紙にしては、ちょっと堅苦しいです、ボツ!

「お元気ですか?」
書き出しとしては、小学生レベルです。しかも状況から考えて

「私が聞かれるべき質問」じゃないでしょうか?

でも、これ以外に思いつきません。
学校では教えてくれなかった!しかも生来の筆不精、、、、。
ほかにもいろいろ書いてみるが、要約してみると

「ただ、書類が送りたかっただけ!それだけ!他は無意味な文章」

最高学府を卒業しているにもかかわらず、この文章構成力!
自分自身で情けなくなるし、兄が見たらきっと泣くでしょう。


日本語の語学留学が必要でしょうか?


あまりの天気の良さに、ドライブを楽しみたくなり市街へ!(ポートランドは風光明媚)
気の向くまま秋空のポートランドを満喫、最後かも?
気がつくと、「インタビューに行ったスキーショップ」が目の前でした

店内に入ると、居ました「ケン ビアロルッキ」←店長(インタビューした人)

思わずスキーの話で盛り上がってしまう(あちらさんも商売ですからね)
スキー用品の買替え時期でもあったので、思い切って買いました!

「板とビンディング、ポールのセット」で420ドル(税込み)


今日の夕食
「バッファローチキン」と「フレンチフライ」に「野菜サラダ」
サラダ意外は、全て冷凍食品!

ちょっと嫌味を込めて言ってみました
「アメリカの食事って感じやね!」

「いや!これはファーストフードよ!」

つまり「アメリカの食事」って事ですよね?

2003年10月29日(水) 「油断禁物」

またもや大雨!
いわゆる梅雨時、毎年この時期は降ったり止んだりだそうで、、、

一昨日の話をホストマザーにすると、貸してくれました

「カッパ」というか「ウインドブレーカー」というか。

茶色でフード付き、内側が「サウナスーツ」みたいです。
しかも女性用なのでしょうか?チャック(ジッパー)が左右逆!

昼休みの車の移動も楽々、濡れません。
「長靴、合羽、傘」で重装備した子供にも負けません。
大雨の中、イチビリつつ遠回りしてみたりします、、、、迂闊でした。

ズボンはズボン、溌水効果ゼロ!吸水効果抜群!
上半身から滴る水滴まで吸い取ってくれる程の親切設計!
さらに裾からも、水を吸い上げてくれます!


午後からの授業は、ズボンの中がとっても気持ち良かったです。


「ハロウィーン」の前々日ということもあり、家で「カボチャ」に絵柄を彫り込みます。

「中の種子だし」→感触最悪(もずく酢の中に手を突っ込む感じ)
「中の削りだし」→感触最高(かさぶたを剥ぐ感じ)

始めてのわりには上手くできました。明後日が楽しみ。


今日の夕食
「ピザ」   のみ!
いつものピザ「マッシュルームピザ」と「ペパロニピザ」

(私の両親へ、ペパロニはサラミだと思ってくだされば
 とりあえずのところ、間違いございません。)


「ピザって10回言っていただけます?」

ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、、、、ココは?

「エルボー!」

間違いじゃあないんですけどね、、、、

2003年10月30日(木) 「天使の、、、」

今日の朝ごはん「ベーグルサンド」に「珈琲」

ダバダァ〜♪ダァ〜ダ♪ダバダ〜♪ダバダァ〜♪
「住所不定無職」の朝は、一杯の薫り高い珈琲から始まる、、、、

ひとり悦に入ってると、起きてきました同居人?
用意してません、風呂にでも入る気でしょうか?

「今日一人で学校行けるかなぁ?」

そんなこと、私に分るわけないでしょう!御自分で判、、、

「今日は休みたいんよね、、、、」

ハイ?私への問い掛けだったんですか?
そうだ!この人は「私が断れない」のを知りつつ、
いつもこんな感じで、問い掛けてくるんです、、、一人寂しく学校へ!

こういう時は、授業開始が苦痛です

「皆さん、おはようございます。来ていないのは、、、
 ○○、××、□□っと、、、、あれ?○○、××、□□。
 ヘイ、住所不定無職!君の同居人はどこへ行ったんや?」

「ハイ。風邪ということになってます」←ウソはついてません

「そうですか、、。では始めましょう」

満足していただけましたか先生?でも、気が付いてますか?
私にはあなたの思考が手に取る様に分ります。

初めに私を見たことで、
「住所不定無職発見!その同居人も居るハズ。両名出席!」

こんなところでしょうか、、、。再確認までしないと分りませんか?


夕方から「秋晴れ」
滅多にない機会なので、写真撮影に出掛けます。

「灯台」←メイン州のシンボルのうちの一つです。

久しぶりに満足のいく写真が撮れました。
帰りがけに海岸に駐車していると「ん?空に色がついてる、、、?」


生まれて初めて「オーロラ」を見ました。


その「ふわり」と空を覆う様は、
薄手のカーテンが、そよ風になびくようでもあり、時にはまるで天使の羽衣
淡く色づいたそれは、刻々と色・形を変え、手で触れれば脆く崩れてしまいそう、、、、。


今日の夕食
「ブリトー」と「ステーキ&えび」を二人で別けて食べる。
メインモールの「メキシカングリル」の店にて!

「ソーセージパスタ」を一人で食べる。
メキシコの自宅にて!

私の名前「日本系メキシカンアメリカン」
「イタリア」をどこに入れるか迷います、、、

2003年10月31日(金) 「ハロウィーン」

町中で「ハロウィーン」1色になってます。
子供達が近所の家にお菓子を貰って廻る行事らしい、、、(大人同伴)

「トリック オア トリート!」←これを言うとお菓子が貰えます。

ホストファミリーに対しては元気がいいのですが、
私たちが出ると途端に黙り込んでしまいます。
で、親達が変わりに言う、、、
こちらとしても、だんだんと面白くなってきたので


「コンバンワ m(_ _)m どちら様でしょうか?」(日本語で)

「うっ、、、、、」


子供はもちろん、大人までが言葉に詰まります(完全勝利)
もちろんその後はやり返されましたけど、、、


待ってる間暇なのですが、金曜日です宿題ヤル気なし!
よってネットサーフィンでもしながら待つことにしました。


「えっち度チェック」 http://www.kirafura.com/h/

あなたのエッチ度 60%
あなたのエッチとの縁は 50歳 くらいまでのようです
エッチな道具にたとえるとズバリ エロビデオ
あなたの愛情度は 15%
あなたの欲求度は 69%
異性への尽くし度は 39%
異性からの尽くされ度は 47%
あなたのえっちの価値は 3級品

もしすべての精子が受精すると 2392億5858万4172人の子供が生まれます。
一週間に一回エッチしたとしての計算です。

ちなみに貴方の今日のエッチ相場は 18,373円です。
ちなみにエッチの値段内訳は
愛情 680円
欲求 7,816円
尽くし 2,945円
尽くされ 3,549円
存在価値 2,633円
消費税 750円

そのお金で「ふたりエッチ(白泉社)」を購入すると35冊

あなたは普通に「えっち」に興味のある人間のようです、
あなたの本心は、どうやら自分で行動するよりも異性の方に尽くされる
方が好き!!のようです。



「3級品」と来るとは思いませんでした、
「一休さん」のケンカと同じレベルです、、、、、、



今日の夕食
「チーズバーガー」に「フライドポテト」

食事前に椅子に座ってボンヤリしながら問い掛けてみました。

「今日はファーストフードやね。」

「いや!リアルアメリカンの食事よ!」



やっぱり!アメリカの食事なんですね?
Akiary v.0.51