鼻ほじってる人の日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2004年12月1日(水) 「役者よのぉ」

本日のポートランドは『嵐』です
横殴りの雨風に翻弄されながら一日を過ごしました。

授業終了後に、先生の所に行って
いろいろ話をしてたのですが

「まぁ、明日にでも電話してみるよ」

ってことで、帰国を間近に控えた身としては
とってもありがたい?言葉を頂きました


ジム行って、友人と食事して、帰って来たら
大きな封筒が、私の机に鎮座しておりまして
その、封筒の中身が言うには






入ってヨシ







山を一つ越えた

でも、風邪の症状がいきなり出た

ひと山越えて、またもうひと山って感じ

エッセイの提出を明日に控えてるのに、、、、






今日の夕食
『寿司』『刺身』『他多数』

友人を強制連行して食べて来ました
どうしても刺身をお安く食べたかったのです



住所不定無職今日の体重
『184lb』

サウナに入り過ぎたんです、
風邪の症状も、コレが原因でしょう。
なんせ、出た時に寒気がしたから

2004年12月2日(木) 「風邪」

脳ミソを、鼻から放出しながら学校に行き

先生達に報告して(本当に知らなかったらしい)

自主休講の許可を貰って、入学申込書の記入。

【留学生のお姉さん】に手伝ってもらいながら

なんやかんや終わらせて、あとは寝てました。



今日の夕食
『マカロニ&チーズ』『イワシ缶詰』

部屋にあるものを、とりあえず食べたけど
全然美味しくなかったのは

風邪のせいなのか?

料理本来の味を感じたからなのか?

謎は深まるばかりだった




住所不定無職今日の体重
『不明』

寝てましたからねぇ、太ってはないでしょう

2004年12月3日(金) 「減少中」

「鼻水はなくても生きていけるよね」

詠み人【半廃人@住所不定無職】





食事中の方、食事前の方、食後すぐの方は
ココ迄にしておいてください。




いやぁ〜。寝てて自分の鼻水で溺れるかと思いましたよ。
あれはもう『鼻水』なんて可愛らしい物じゃなく



殺人スライム



知らないうちに、
鼻から顔を除かせたりして
他人から見た私の印象を、
どうしようもない所まで
追いやってくれるし

寝てたら寝てたで
恐ろしい勢いで増殖し
息が出来なくなるし

ソレの噴出量と
思考能力の衰えが
比例するところからして






脳ミソ?







今日の夕食
『ハム』『ビール』

【ジョー@米国狂人】の部屋で
料理しながら飲んでたらそのまま




住所不定無職今日の体重
『191lb』

増えてはなかったですね。

2004年12月4日(土) 「パーティー」

昼過ぎから、先生主催のパーティーに参加して
夜遅くから、ジョー主催のパーティーに行った
どのパーティーでも、日本人学生が、、、、




OUT OF CONTROL(制御不能)




先生達は、そのハチャメチャぶりに辟易してたし

ジョーに至ってはあきれ顔で、モノも言えない様子だった

ちなみに私は『傍観者』だったと思う、何もしてないし。





パンツ一丁で歩き回ってた彼、
全身ミミズ腫れになるまで、
素手で女性達から叩かれてたんですが
大丈夫だったんだろうか?





今日の夕食
『なんか』

食べたんだと思う。お腹一杯だったし




住所不定無職今日の体重
『192lb』

パーティーに参加する前にジムに行ったもので

2004年12月5日(日) 「メイン州にて」

朝7時の集合時間には、やっぱり誰も現れず
なんのかんので、全員集まったのは午前8時




5分前行動はどこに行ったんだい?日本人




9時半過ぎに現地に到着して、ちゃっと用意し
滑り出すとすぐ、とある事実に気がつきました

メンバーのうちの一人が『ど素人@スキー3回目』

何を隠そうこの私、結構スパルタ教育と言いましょうか
自分のど素人時代を知ってるだけに、レベルの違う人とは
滑らない主義なのですが、一緒に滑りたいのなら拒みません

他二人は、自分のレベルをご存知のようで、
それぞれに、それぞれの楽しみ方で滑ってました
それ程待つワケでもなく、全員一緒に滑れてたので
彼の事、全く気にとめてなかったんですが、
ある時見た彼の姿を表現すると、、、、




生まれたての子羊@ぷるぷる




最初は誰もがそうだから、まぁ頑張ってちょうだい
と、そのままにしておいた、終了予定時刻30分前





子羊@負傷


目撃者談
いやぁ、すごい勢いで降りて来る人がいたんですよ
誰かと思ってよく見たら、彼。そして次の瞬間です
コブを3つ。距離にして5m程飛んで、あとはアレ


本人談
スピードが付き過ぎまして、コブを3つ程越えました
地面を滑ってる時間より、空中の方が長かったですよ









千尋の谷に、自ら落ちてゆく子もいるらしい







スキーパトロールに、担架で運ばれた彼は、既にヨボヨボ爺さん
ギャーギャーわめく彼を、無理矢理車に押し込み連れて帰り
風邪をひいて大変な【留学生のお姉さん】にムリを言って
救急病院まで連れて行ってもらいました。

本当にありがとうございました




診断結果?




診断書曰く
毛細血管の一部が破れ、血液が皮下組織に定着しています
よく冷やし、痛み止めを飲んでください、、、、、





って、ただの『打ち身』やないかコラァ!





今日の夕食
『白御飯』『温野菜』

帰って来てから、部屋にあるもので適当に済ませました。



住所不定無職今日の体重
『不明』

もしかしたら増えてるかも

2004年12月6日(月) 「いったい」

何を隠そう、今週で授業が終わります。


なんかこう、、、、、終了感が漂ってます


授業では、新しい事は教えてもらえず
最後のテストについての説明とか
先生の評価を『塗り絵』で表現するとか
なんせ、授業らしい事は何一つしません





長いと思われた学期も終了なんだなぁ






今日の夕食
『白御飯』『イワシ缶詰』
『バッファローチキン』
『トマトソースパスタ』
『チョコレート』

7時頃に帰って来て1列目
10時頃友達が持って来たので2列目
12時頃なんとなく3列目
2時頃ルームメイトがくれたので4列目


いったい、、、、、



住所不定無職今日の体重
『192lb』

2004年12月7日(火) 「うぅむ」

はぅ!


体調不良で声が出ないってのも理由の一つなのですが
目覚まし時計事故っていうのも理由の一つなんですよ
午前11時(既に授業終了)に目が覚め

はて、何からしようかな?

と、まずPCを起動してメールチェック

で、「プ〜」ってオナラなんぞをして

ま、急ぐ訳でもないのでゆっくり登校

外は白一色、大雪だった。どうりで静かなワケです



授業を休んでしまったので、先生に会いに行くと
先生も体調を崩したらしく、本日はお休みだった
【留学生のお姉さん】も体調不良でお休みらしい

行き場を失い、ウロウロしてると級友に遭遇して
体調が悪いのを指摘されたので、おとなしく帰宅


なんでも、昼からの授業での課題準備が上手くいってないらしく
私がその相手を務める関係上、出席されると大変な事になるらしい
少々疑問を感じましたが、体調不良も事実なのでしかたなく?


夕方再度学校に行って、履修登録他の面談をして
ジムに行って帰って来ると、またその級友に会いました

「で、どうだったの?他の日にずれたの?」

「えぇ、先生から『しょうがないから明後日に』って言われました」

「なんかこう『人生自分の思いどおり』って感じやね?」

「えぇ、私もそう思います」







あのぅ、真に受けないでね。嫌味だから・・・







今日の夕食
『トマトソースパスタ(冷凍野菜入り)』

最近麺類に飢えてるので、スパゲッチーです。


白のシャツに赤い点々がぁ〜!!





住所不定無職今日の体重
『192lb』

2004年12月8日(水) 「ちゃくちゃく」

もう完全に終わった感が漂ってます、、、、


そんな気持ちに、更に拍車をかける
『Reading Writing Vocabulary』のテスト
1週間5日のうち、月・水・金・3日間の午前中を
この授業に費やす関係上、メインな授業ともとれます
2時間かけて、エッセイを1本書き上げるんですが


お題目
『いままでにあった、堪え難いプレッシャーと
 それをどうやって乗切ったかを、説明してください。』
(とかなんとか、なんせそんなやつ)


えぇえぇ、そういったネタ話なら十分すぎる程持ってます。


2時間かけて、構成と小論文を書き上げ
昼食を【留学生のお姉さん】の部屋で食べ
昼からの授業をボンヤリと受けて
クリスマスショッピングに行って来ました



着々と今年しなければならないことを終えてます




今日の夕食
『マカロニ&チーズ』『イワシ缶詰』

缶詰イワシが卵持ちだった
ちょっとお得な感じで、ウマウマ感倍増だった



住所不定無職今日の体重
『不明』

計るのを忘れた

2004年12月8日(水) クリスマス特別企画 「いざ行かん東京へ」@

今回の期末テストにも使ってしまった、
語るも涙聞くも涙の就職戦線苦労話
就職難が叫ばれはじめ3年が経とうとしていた当時
住所不定無職も、奉公先を探すため、四苦八苦しておりました
活動先は、学生をしていた大分のみならず、福岡・東京まで。
そんな中で、いちばん記憶に残っている話を記しておきます



「住所不定無職君、就職活動大変そうだね、来週ココ行ってみたら?」



そう、あれは大学3年生。
大学推薦らしきものを引っさげて、とある会社の入社試験を受けに、
なんの準備もなし(会社は『丸の内』にあるらしい)東京まで行きました。
まぁだいたい予想はつくかとは思いますが、現在位置も分からない始末。
駅員さんに言いましたねぇ、、、


「丸の内駅にはどうやっていくんですか?」(東京都にはありません)


未だに、あの駅員さんの困った顔が忘れられません。
東京駅が、つまり『丸の内駅』だと教えてもらい、その東京駅に着くと

『丸の内北口 → 』

『丸の内地下中央口 ↓ 』

『丸の内南口 ← 』

生まれた土地柄、三つ以上の駅の出口には対応しておりません。
とりあえず、会社の正確な場所が分からない事には、
どの出口を使ってよいものか分からないので。
公衆電話(当時はどこにでもあった)に駆け寄り、電話帳検索!
その会社の電話番号はページを埋め尽くす程あったのですが
その中でも(代)って書いてある所に電話して聞きました


「どうやって行けばいいんですか?」

「有楽町駅を出て東京国際、、、。」(以下、意味不明な単語が続く)


「駅を出て右」とかいう説明しか聞いた事がなかった私には
『駅を出て』から以下の記憶力に問題あることが発覚
有楽町駅は東京駅の隣だということを確認し

はて、次の汽車はいつ来るのかな?

と、時刻表を探そうにもどこにもありません。
仕方なく、品川方面って書いてある階段を登り
どの電車も確実に『有楽町』に行く事を知るまでの10分間、
行き交う電車を3本ボンヤリと眺め
東京駅の隣にある『有楽町』まで2分かけて行きました。

まぁ当然のこと、大勢の人とビルにまかれ、道に迷い
思わず『東京駅』を発見してしまったりしながら
なんとかその会社にたどり着いた午後1時
誰にも負けない『お疲れ感』を出しながら
受付のお姉さんに言い放ちました


「就職試験受けに来ました」

2004年12月8日(水) クリスマス特別企画 「いざ行かん東京へ」A

就職試験の当日に、会場案内を出さない企業が
はたして日本に存在するだろうか、いやない。



受付のすぐ横に書いてました『会場の場所』



いいんです、疲れていたのです。
表面の取り繕い方はさすが大企業、
可哀想な田舎学生に、やさしく会場の場所を与えてくれ、
そんな、優しいお姉さんにちょっと癒されながら、向かった会場は



まさに人種のるつぼ



いや、冗談みたいな本当の話

・ロンゲで色黒、普段着で女性の取り巻きがいる彼。とか
・やせ形角刈り、スーツ姿で参考書に一心不乱の彼。とか
・いたって普通、知合いの部長殿の名前をさけぶ彼。とか
・社交的が自慢、誰彼構わず?演技見え見えです彼。とか
・今日が初めて、田舎から飛行機でやって来ました、私。

定刻前なのに、すでに会場の半分を埋め尽くした就職希望者(内半分は就社希望?)
会場の前半分は、『就職虎の巻命』みたいな彼等で埋め尽くされ
会場の後半分は、『はぁだりぃ〜』みたいなロンゲの彼等で占領
会場の真ん中は、、、、、、



気持ちいいくらいにスッカラカン!



都会の人達よりも圧倒的にパーソナルスペースの広い私は
当然真ん中の『まさに田舎者空間』に座っちゃうワケです
誰とも話す事なく座ってると、定刻には私の回りも人集り
ちょっと安心?しながらも、試験が始まり、開いた問題は





あれ?設問が英語で書かれてるけど、間違った問題来ちゃった?






あの時程に鉛筆をフルに駆使した試験があっただろうか、いやない。

何故か試験終了と同時に、名前を読み上げられる人達の中に
人事部長殿と知合いな彼と、一応大学推薦な私が入ってる事実に
一抹の不安を感じながら、会場が掃けてしまうのを待ってたら、
なんか試験担当?な人が現れて、私達に宣いました




「明日面接試験を行いますので、9時に来てね。じゃ!」







聞いてねぇ〜

2004年12月8日(水) クリスマス特別企画 「いざ行かん東京へ」B

プァパァ〜ン、、、、ビィッビィ〜、、、、


ビルを出たソコは、まさに大都会の夕暮れ


はたして右に行って良いものか?

はたまた左に行けば良いのやら?

そんな経験、皆さんありますか?



質問@「ここはドコだか分かりますか?」

ハイ。『東京の何所か』な事は分かってます


質問A「今晩の宿泊先は決まってますか?」

いいえ。決まってません


質問B「誰か知合いは関東平野にいますか?」

いいえ。そんな話、聞いた事すらありません


質問C「つまり?」

はい分かってます。路頭に迷ってます。




呆然と立ち尽くすだけでは、問題解決にはならないことは分かってました
すぐさま我に帰り、とりあえず『駅』まで歩こう!と人の流れに沿って歩くと





東京駅に着いちゃったりします

(オイオイ、最寄り駅は『有楽町』じゃないのか?)





で、一番始めに探した所は、やっぱり公衆電話です。
何を隠そうこの私。当時すでに携帯電話を所持していたのですが
その時の携帯電話なんて、『番号通知』すら存在しない時のモノ
『携帯電話と電話帳はセット』が普通。今では信じ難いですね。

長蛇の列作りに協力し、さてホテルの予約をとタ○ンページを開くと、、、

「ねぇ、今日部屋ある?、、、、ない。あぁ、じゃあいいよ」 ガチャン!







え?








はい。隣向こう10人ばかし、全ての人がホテルに電話してました

負けじと電話するも、当然予約なんぞ取れるわけもなく
テレフォンカード(覚えてる?)を使い切り
後ろの人の重圧に根負けして、立ち去った私

駅で寝ようかな?なんて考えが、頭の99%を占めた頃
帰巣本能でしょうか?気が付くと、浜松町駅に居ました

寝床を探してたのでしょう。ブラブラと駅構内を歩いてる途中
たまたま視界の片隅に移った『旅行案内所』に立ち寄ったんです




あぁ、ありがとう




閉店間際の奇跡『彼が来なかったら閉めよう』と思ってたらしい
あれだけ苦労したホテルなのに、すぐに見つかりました。
世の中の不思議というか、仕組みってヤツを初めて体感。




あの時の夕食
『モ○バーガー』

目黒駅を利用するホテルだったのですが
当然、飲食店を知る由もなく、ファーストフードです

2004年12月8日(水) クリスマス特別企画 「いざ行かん東京へ」C

体裁だけ整えたホテルのベッドはやっぱりイヤ!

ペラペラなのに、やたらと熱い(通気性ゼロ)し
室内の温度調節は、湿度を無視した事なかれ主義

えぇ。バドミントンが原因で生まれて来てから、20年以上生きてきましたが
今だかつて『快適な睡眠』を提供してくれたホテルなんて、『0%』これ事実
だから私は、見た目は貧相でも『ちゃんとした布団』な民宿を今でも選びます




とっても”快適”な睡眠を提供してくれた目黒のホテルを後にし
指定された時間前に、登社した私を待っていた事実と言えば
学生同士で繰り広げられる『会社』の彼等に対する好待遇


「この会社って凄いよね、宿泊代から食事代まで会社負担だもん」


「そうそう!俺なんて、飛行機で来たのに清算問題なしだよ。君は?」


「旅費精算って、、、、、、なに?」












えぇ、この瞬間に悟りました。付き合いで試験を受けさせてもらってること、、、










面接試験なんて、その最たるモノでした。


質問@「なんでわざわざ東京まで受けにきたの?」

はい、東京が試験会場だと、御社から指定されたもので、、、、


質問A「なんでウチじゃなく、業界1位のアチラを受けなかったの?」

はい。2番以下の会社を一番にしてやろうと思いまして、、、、


質問B「徳島出身なんだ。阿波踊り踊れる?」

はい。踊れと言われれば、御社の社長室内でも踊りますが、
それと面接試験との関連性を、踊る前に私に納得がゆく形で答えてください






えぇ、御社になんて興味がなかったし、大企業のオゴリってやつが見え見えだったし







どうせ、私に何かはじめから興味がなかったんでしょ?









世の中の不思議っていうか、仕組みってやつを確信した瞬間でした

2004年12月9日(木) 「えぇ、完全に」

期末試験を受けたし、今更なにをするんですか?



午後の授業での【級友@韓国人元級友の姉】の
鬱陶しさに、思わず手をあげそうになりながらも
なんとか今日一日を耐え抜きました。



今日の夕食
『ベトナムラーメン』

【級友@未だ未成年】と久しぶりに話をしました
来学期から違う学校に通う予定らしいのですが、
その準備を全くしてないのには、心底驚きました
間に合えばいいね。



住所不定無職今日の体重
『不明』

計るのを忘れました

2004年12月10日(金) 「ハイ終了」

お疲れさまでした。
今期の授業が完全に終了しました。


昼御飯を【留学生のお姉さん】に御馳走になり
食後、その足でボストンに向かいました


【元級友@ピアニスト】を空港で拾い

【ダニー@春から学生】の荷物を貰う


ボストンの交通渋滞に2時間程しっかりとはまり
距離を日本で例えると【東京〜浜松】を半日で往復
な米国東海岸をひたすら走った今日一日でした




今日の夕食
『ベーグル』

食べ損ねたので、今日の授業の余り物で済ませました




住所不定無職今日の体重
『不明』

ジム行ってないものですので

2004年12月11日(土) 「プレ・クリスマス」

ボブん宅に帰って来ました
クリスマスプレゼントを持って、、、

泊まれない事を激しく残念がられましたが
夕食後、クリスマスプレゼント交換などをして
帰って来ました。


登場人物
S【スージー@ホストマザー】
B【ボブ@ホストファーザー】
Y【私@住所不定無職】



S「映画を一緒に観る時間くらいあるでしょ?」

Y「えぇ、もちろん」

S「ボブ、映画を観ましょう!ビデオ借りてきてちょうだい」

B「映画なら、ホラ、ここにある。コレ!」



彼の手に握られているソレは
『スタートレックDVD8枚セット@連続再生で24時間以上』



B「観たければ24時間観られます」

S「男兄弟の中で育った私は、日本のゴジラを含めてそういうのは十分観ました!」

Y「え?ゴジラって、あのゴジラ?」

B「日本のSF物はこっちでは有名だからねぇ」

S「兄弟と毎日毎日、、、、だから私は見飽きたのよ」




ゴジラ、、、、かなり有名です




S「で、映画よボブ?」

B「ホラ、、、これは米国映画」

S「チッ!住所不定無職からもなんとか言ってやって!」

Y「アレ、、、SFとかいうジャンルを超越してますよね。」

B「そうそう!」

S「キィ〜!!」

B「毎日でも観れるよ。1日1話で1ヶ月」

S「私は自分の部屋へ行くわ」




結局観なかったんですが、映画選び、大変です。




今日の夕食
『チキンパイ』『残り物多数』

鶏肉のクリームシチューが、パイ生地に包まれてます
パスタとかが冷蔵庫に残ってたので、処理してきました
たいそう喜ばれます。



住所不定無職今日の体重
『不明』

ジム行ってません

2004年12月12日(日) 「浮き彫り」

スキーに行った

激しく滑った

一緒に行った人の

知り合いの知り合いと

一緒のリフトに乗ったりして

世の中の狭さを実感した

行き帰りの車の中で





住所不定無職の過去がココに!





口に出して喋ってみると
いかに、変わった経験をしているか
という事実が浮き彫りになって
自分でもちょっと恥ずかしかった




今日の夕食
「肉」「マカロニ&チーズ」

いや、これはマズイ。
事実だけでなく、腹まで飛び出してしまう




住所不定無職今日の体重
「190lb」

おぉ

2004年12月13日(月) 「忙しい」

履修登録をして

分割にした学費を支払って

渡米前の買物と荷造りをした

大変に忙しかった




今日の夕食
「インスタントラーメン@野菜入り」

部屋にあるもので済ませました




住所不定無職今日の体重
「不明」

帰国前日にまで、ジムに行ったのに
量るのを忘れて帰ってきた。

2004年12月14日(火) 「機内他」

朝4時半起床、5時出発。
【留学生のお姉さん】ご夫妻に
空港まで送っていただきました


あぁ、ありがとう、ありがとう



コンチネンタル航空を利用して帰ってきたのですが
今回のフライトほど、いろいろ考えることはなかった



その@『語学力』

日本行きの飛行機ですから、
当然日本人だと思ったんですよ、
私の席に間違って座ってた女性を。
そしたら彼女、宣いましたねぇ

「英語喋れる?」

ソレを英語で言うな!




そのA『フライトアテンダント』

最近男性が増えましたよね。
金曜日に【元級友@ピアニスト】と話したんですが


彼等って、、、、男性も愛せる方達?


ハイ。私もそう思いました。
彼等の喋り、腰付き、身のこなし。
同僚と話す時の仕草も含めて、完璧にそう見えます。
そういった方々の専門職になる日も近い?


やっぱ、力が女性よりも強いですからね。




そのB『機内食』

いや、驚きました機内食
私が毎日食べてるものよりも、
美味しく調理されていたってのはどうよ。





世の中、日々変化しています





米国東部時刻 午後12時過ぎ
「前菜サラダ」「牛肉の照り焼き」「デザート」



米国東部時刻 午後6時過ぎ
「カップラーメン」「サンドウィッチ」


米国東部時刻 午前0時過ぎ
「鶏肉のガーリックステーキ」「フルーツサラダ」

2004年12月15日(水) 「えぇ、日本です」

はい。無事に帰ってきました、住所不定無職です。


結局機内では一睡もせず、
映画を観たり、ゲームをしたり、
瞑想してみたり、妄想してみたり、
確実に太ったでしょう、あぁ無常。



機内での映画
「世界の中心で愛をさけぶ」

えぇ、号泣しましたとも。
感動とか、そういうんじゃなくて
ただ単に可哀想過ぎて涙がでます。


あ、、、れ?中心で愛を叫んでないじゃん!
しかもソコどこ?約束の場所じゃないんじゃない?


2回以上観てはなりません





さて、ここからが日本でのお話です。

現在、時間調整の為に、『まんが喫茶』にて
日記を書き書き時間を潰しているのですが、
日本に帰ってきて、再確認しました



禁煙席ってナニ?



同じ室内で、
壁で区切られてないソコは喫煙席も同じ。
いや、むしろ禁煙席で吸われてるも同然。





プールの端に『ションベン区画』に似たりけり





追記
今日の夕食
「焼鳥屋さんでしっぽり」

居酒屋が昨年まで2件だった矢口渡商店街
現在4件に増え、やっぱり熾烈な競争なのでしょう
半年前と比べて、やたらと愛想がよくなってたんですが

無職「淡辛(冷酒)おねがいします」

店員「はい、ありがとうございます」

彼女「注文を手に書いてたけど、大丈夫かなぁ、、、」

無職「大丈夫っしょ、来なけりゃまた頼めばいいし」

店員「軟骨唐揚げお待たせしましたぁ」


いったい何をどう聞き違えたのか『たんから』が『なんこつからあげ』




普通なら『鶏唐揚(とりから)』じゃない?

2004年12月16日(木) 「さんざん言われる」

今日は有楽町(銀座ともいう)で食事して来ました
面子は【啓ちゃん@家事手伝い】と【ダニエル@教師助手】
それと【私@住所不定無職】に【彼女@実はかなりの腹黒】

4人で会った時に、こんなこと言う人がいました



「写真よりもかわいい!」



海外生活が長くなると、変わった表現方法が身に付くんだな
なんて、軽く考えてたんですが、そうは問屋が卸しませんでした

とある人「いったいどんな写真を見せたんだ(怒)」

無職な私「どの写真かは特定できませんが、私が持ってるうちのどれかでしょう」




その後も、4人で星座の話をしてる時に
私だけが、他の星座グループ(水とか風とか)らしく


「住所不定無職はグループ別だからね!」

「ホントだ!や〜いや〜い」



とかは、まだ序の口で



「この人の日記みてると酒ばっかり飲んでる様にみえる!」

「そうそう、私もそう思う」

「はぁ、叔母にも『米国まで酒飲みに言ってる』と言われましたけど、じ」

「ったく、何をやってんだか、、、」(作者注:そう見えるだけです)






さんざんイジメられる、ちょっとアレな食事会だった







今日の夕食
『豆腐料理』

豆腐料理が得意らしい居酒屋
『豆腐・豆乳・湯葉』
このうちのどれかが必ず使用されてます
それもどうかと思うが、それはそれ

2004年12月17日(金) 「どちらが本当か」

会社に行く彼女に弁当を持たせ

掃除・洗濯をした後は、おやつと昼寝

テレビの日本語字幕にツッコミを入れたりしながら

住所不定無職ライフを満喫してる私です、こんにちわ



東京散策をしながら、
男女の職業での住み分けや
身体障害者に優しくない町づくり
公衆トイレ(紙完備)の多さにビックリ

でも、いちばん思ったのが


韓国・中国人観光客の多さよ


あんた等の国の政治家は『靖国問題』とか『戦後補償』
等々、未だにアレコレ言ってるんだから、せめてあなた





『皇居』とか『靖国神社』は行くの止めた方がいいんじゃない?





今日の夕食
『餃子』『レバニラ』『ラーメン』『ケーキ』

結局外食になったうえ
買って来たという『ケーキ』を食す
住所不定無職28歳の冬

2004年12月18日(土) 「クリスマスパーティー」

えぇ、時差ボケです。

早朝に目が覚め、朝御飯を食べたら、、、




おやすみなさい





夜に、彼女の友達の家であるという
クリスマスパーティーに行ってきました
その友達の彼氏が米国人なので
外国人ばっかりだと思ってたら
日本人ばかりだった



今日の夕食
『鶏唐揚』『巻き寿司』『ピザ』

あれこれいいながら頂いてきました
終電間際までお邪魔してたから12時前まで
あぁ、ありがとうありがとう

2004年12月19日(日) 「クリスマスパーティーA」

だいぶ良くなってきました『時差ボケ』
日々『人間』になってゆく自分を感じます


今日も今日とて『クリスマスパーティー』
彼女の会社(英会話)の講師の家であるそうです
その講師、40代後半の日本人と結婚されてる女性なのですが



日本語ペラペラ@男共(おとこども)が口癖



他にも変わった人達で埋め尽くされてました

【パッと見は日本人@英語しか喋れません】

【見た目はアジア人@完全にバイリンガル】

【パッと見は外国人@日本語だけ喋れます】

【住所不定無職@彼女に弁当を持たせる男】


日本語で話しかけたら日本語喋れなかったり
英語で話しかけたら、日本語で返答されたり
誰とどの言語で話せば良いのやら分からないうえ
日本人の方々は、私を好奇の目で見ちゃってるし





日本で暮らす方が大変じゃない?





今日の夕食
『七面鳥』『鶏唐揚』『他諸々』

「七面鳥食べると眠くなるんだよね?」

「食べ過ぎてるだけ!」

だそうです、、、

2004年12月20日(月) 「ゴロゴロ」

ゴロゴロ〜



起きたのは7時だった




今日の夕食
『ざるそば』『おにぎり』『春巻』『ひじき煮物』

美味しかった、けど猛烈に寒かった
食べた後は、歯の根が合わない程寒かった
そしてすぐ寝た。

2004年12月21日(火) 「銀座にある」

リンゴ屋さんに行ってきました

売り場面積に対する
商品陳列スペースの少なさが
いかにもな高級感を醸し出してる、
ちょっとアレな店内には人がいっぱい。

商品なんて数がしれてるので
人集りを見に行ったも同然でした

店員が誰かも分からないんだから
銀座にある店舗としては、親近感に溢れてます
しかも、入口でビラを配る人がいて


「○Pot miniは残り少なくなっております」


なんて言っちゃってるところに
その場の雰囲気ってやつが伺い知れるってもんです




えぇ、まさに青果市場




『その、ウォークマン猿になれるヤツを買ってあげましょう』

なんて言われなければ、こんなところはまっぴらゴメンです。
そしてやっぱり、その場の雰囲気と値段設定に尻込みして

「やっぱりいらない。必要ないし」

なんて言ったりして、喫茶店で一休み。
本当にいらないと思ったんだから、不思議です
えぇ、扱い辛い男性ランキング10位には入れます



「買ってやるというに、なぜいらぬと申すのか!」



と、引き下がらぬ彼女を引き連れ、再度店内に潜入。
店員さんらしき人に話を聞いてみました、、、、

無職達「学生割引が効くなら買います、でも米国の学生です。」

店員A「うぅん、アレは日本の学校機関に、、、ちょっと待ってください」

店員B「miniじゃない方ですか?」

無職達「えぇ」

店員B「ちょっと待ってくださいね、私もちょっと前まで同じ立場だったんですよ」

無職達「はぁ」

店長?「分かりました、こんな時期ですし、なんとかしましょう!」

店員B「ではこちらへどうぞ」




あぁ、ありがとう。住所不定無職は大事に使うよ。
一言で3千円以上お安くなったりして、かなりお得な一日だった





今日の夕食
『レバ刺』『刺身盛り』『その他』

矢口渡商店街にある、大衆居酒屋にて
東京にしては新鮮な魚介類を
かなりお安くいただけるお店なのです

2004年12月22日(水) 「日本の映画だ」

本日は神奈川県に行ってきました、といっても川崎

電車で一駅約5分。
そこにあるちょっとオシャレなところまで
映画を観に行って来ました

映画館が全席指定で
かなり高級そうな椅子でしたが
座り心地はボロとたいして変わらない
見かけ倒しな感じが、ちょっとアレ。



今日の映画
『ハウルの動く城』

宮崎アニメ独特の『平面なのに、たまに立体的』
には、相変わらず驚かされました。
物語としてもたいそう面白くて
やっぱりアニメは宮崎。

元凶はやっぱりあんただったのね?

『罪作りな女』の物語だった




今日の夕食
『しゃぶしゃぶ食べ放題』

日本に帰国してからこっち
たいそうニクに飢えてたので
1600円で食べ放題の店でちょっと。

アンケートシートに記入を求められたので
こう書いておきました、実名記入でズバリ

・店員の対応 ◎
・店の雰囲気 問題ナシ
・その他 『肉、霜降りでしたね。』

凍らさなきゃ薄く切れない気持ちは分かるけど
あぁた、一番大切なことを守りたまへよ

2004年12月23日(木) 「いろいろ会う」

天皇誕生日だそうです、知ってましたか?
あの方の御発言に対する波紋が未だに尾をひくあたり



やっぱり日本一の人気者家族




さて、今日はいろんな人に会った日だった
出社準備をする彼女に、今日の予定を語るのが日課なのですが
えぇ、会う方々が女性なだけに言われましたね

「私が働きに行ってる間に浮気をする男」

ナニかをグッと堪え、笑顔で続けつつ
『そんなこと、出来る男になってみたい』
そう強く思ったりもする一日だった



皆さん1年ぶりに会うっていうのに

・身の上相談
・恋愛相談
・アレについて
・明日はイブ


『この時期の女性の心境とプライド』


そんな題名の本が一冊書けるような事をあれこれ聞いた
そんなに経験豊富ではないので、ただ黙って聞いてた
でも、とりあえず言ってあげました、可哀相なので。




クリスマスって本当は【家族】と一緒に過ごすんだよ!





今日の映画
『Mr. インクレディブル』

スーパーヒーローの話だった
ディズニーアニメの底力を観た
っていうかピクサーの底力か?
水と炎の描写は物凄い物があった
英語も簡単だし、勉強にはオススメ

人間が演じてないだけに、
やたらと長いエンディングロール(制作者とか)を
『早く帰りたい』と、はやる気を押さえながら見ていたら


製作協力 『 intel 』




スーパーヒーローは『ウィンドウズ』で動いてたらしい





今日の夕食
『魚介類パスタ』『きのこパスタ』『仕上げにラーメン』

映画終了後やたらとオシャレな店に行って
4席のテーブルに何気なく座ったら

「対角線上に座るカップルは仲が悪いんだよ、だから対面で!」

とか

「仲良く取り分けて食べようね」

なんて言われるんだから『女性のプライド』には要注意だと思った
『女性は人間観察を怠らない』とも思った、やっぱり本が1冊書けそうだ



帰り際、矢口渡商店街の、深夜でも営業している店で
明日のお弁当の買い出しをする悲しき主夫は見た!

『マルタイの棒ラーメン@100円で2食』

懐かしき大学生活を思い出させてくれる一品
そこらのラーメン屋よりも品質は高し

2004年12月24日(金) 「クリスマスイブ」

ハッピーホニカ!

綴りとかはよく知りませんが
ボブとか、米国人でも微妙に



人生の苦みと嫌味



を理解する人達に、この時季愛される言葉です
もとを辿れば『ユダヤ教徒の休日』に使われる言葉らしいのですが
人と同じ事をすることがとてもイヤな私にはもってこいの言葉です
というわけで、、、、







ウニークリスマス







今日の夕食
『鮨食べ放題』

事務員時代によく行っていた
渋谷にある高級鮨食べ放題の店
はやる心をグッと押さえ、とりあえずは
『海胆の軍艦巻』を二人でつまみ
他人の迷惑顧みず言ってやりました

2004年12月25日(土) 「クリスマス」

「今日はなにするん?」

「あぁ?、、、、、息」

「で、アレ行くん?東京駅でやってるヤツ」

「東京ミレナリオ?」

「ソレソレ!行ってもいいよ」

「はい。では7時に駅で待ってます」





えぇ、待ってましたとも駅ホームで猿になりながら。
気が付いたんですが、昨日よりもカップルの数が違いますね、数が!
同じ時間に、同じ駅で『人間観察』してたのですが
カップルは皆無、いつもの日常に戻ってましたね。
こういうスッキリしたところが好きです日本





「あ、ども。ほな行きましょか?」

「・・・・行く?」

「ほな、、、、行こか?」





まぁ、私等が行かんでも、他の誰かが行くでしょう
ということで、

「生中2つと、アン肝、いわし丸干しと、、、、」





今日の夕食
『イワシ』『サバ』『アン肝』とか
『帰って来てからケーキ』

家庭料理居酒屋という、新しくできた店
しっぽりと食べてきました
そのあとケーキを食べながら少々



口喧嘩



こんなところにはサンタも来ませんわねぇ

2004年12月26日(日) 「実家へ帰るぞ!大阪」

実家へ帰る途中にある大阪の
大学時代からの友達の家に遊びに行って来ました

新大阪まで新幹線で行って、そこから地下鉄と私鉄
東京と大阪の電車の違いなどを観察(実はマニア)しながら
ぼちぼち行ってきました



はい、

とっても指紋の目立つ阪急電車を
素手でベタベタ触ったのは私です

すんません



半年ぶりに会ったんですが、変わってませんでしたねぇ
相変わらず『マニアック』って感じが、まさに彼。
身の回りのモノ全てに『持つ理由』か『ソレの理由』
そのうえ『姑さん』も真っ青な掃除具合

あんたやねぇ〜





今日の夕食
『串カツ』

評判の高いお店で食べさせてもらいました
アジ、イワシ、レンコン、タコ他
アレやコレや我侭言い放題だった
あぁごちそうさま、ごちそうさま。
無収入でも太ります


帰って来てからも、明日仕事を控えた彼相手に
買ってきた酒(これもオゴリ)を飲みながらアレコレ
彼の布団を横取りして

「布団だぁ〜ふかふか〜」

とか我侭言い放題だった




すんません

2004年12月27日(月) 「実家へ帰るぞ!大阪」

「ほな行くけんな、またな」

「あぁ、ありがとさん、ほなまた」


この会話、
皆さんが考えてるのと『逆』にすると私達の会話となります
そんなヤツなんですよね、私って。

出社する彼を見送って
そのまま彼の家でごろごろして
昼頃に叔母さんの家に行きました


叔母さん宅では、
その我侭ぶりにさらに拍車がかかり
家主を差し置き『一番風呂』に入り
出て来るモノ全てに手を付け
出て来るままに酒を飲み
私の話を聞いてもらう




目も当てられないとはまさにコレ
肉親だからこそ許される技を全て出し切った




今日の夕食
『手巻き寿司』『焼き鳥』

刺身で食べたり、寿司にしてみたり
やりたい放題、今の私にピッタリだった
あぁごちそうさま、ごちそうさま。

2004年12月28日(火) 「実家へ帰るぞ!到着」

傍若無人ぶりは止まるところ知らず
口に出すのも恥ずかしいのは言うまでもない

昼前に起きだして
出されるままに食事して
コタツに入って「お茶!」
そんな感じだった

夕方においとまし、高速バスで徳島まで。
年末だというのに、半分しか席の埋まらないのは
帰省ラッシュの分散か、それともバス会社の知名度の低さか
まぁ、空いてるに超したことはない。


あぁありがとう、ありがとう
「来るな」と言われてもまた行きますよ


9時前に徳島着
実家には9時半頃着
やっと帰って来た
全然変わってなかった





今日の夕食
『野菜鍋』

帰って来て、鍋の残りをアテに
父親とビールとか飲んだ

2004年12月29日(水) 「風邪」

風邪をひいたらしい
夕方まで寝て、それから病院へ行った

先生「でかいねぇ〜」

無職「はぁ、、、、」

先生「コレステロール大丈夫?」






まず『風邪』の診断をしろ!






記憶にないくらい(もしくは初)の『点滴』をした
鼻の奥から漂う『薬品臭さ』と戦いながら

ボタリ、ポタリ、

と、けっこうな早さで落ちる点滴液を見て
『静脈で血液薄まりすぎ!』とか考えると
妙に笑えて大変だった




今日の夕食
『鶏唐揚』『なんかいっぱい』

風邪をひいてる私に「揚げてよ」
などと宣う方達がいた
それくらいしか覚えていない

2004年12月30日(木) 「初」

美容院に行った
昨日の夜に指令が出ていたのだ!

母「行ったら?」

私「どこに?」

母「散髪屋」

私「あぁ、うん」

母「どこ行くん?」

私「あぁ、どこにしようかな」

母「ほなココ行っときよ、電話番号はコレ」

私「はい」



というわけで行った、美容院は初である
室内が妙にオシャレなので、こういう所は苦手なのだ
切る人なんて『皮パンツ』なんて履いちゃってるし、、、



人「どうしましょう?」

私「バッサリお願いします」

人「、、、、全体的に短くしましょうか?」

私「そうしてください」

人「、、、うえの髪は後ろに流す感じで?」

私「そうしてください」





2千5百円だった、かなりお得な感じだった

で、、、、、、




良く言えば『トロール人形』

悪く言えば『換毛期のヒナ』

総合評価は『正直頭が寒い』




今日の夕食
『刺身』とか

なんせいろいろ食べた
メインは『ブリとハマチの中間』と推測される
ちょっと中途半端な魚の刺身

2004年12月31日(金) 「今年最後」

母上が今年最後の日を休日で迎えたらしい


母「貧乏人に生まれたら、一生苦労するようになっとるんよ」

私「・・・(私って、いったいどっち?)」

母「あぁあ、仕事と家の往復で毎日しんどいわ」

私「・・・(すんません、苦労かけてます)」



とか、こんな会話をしながら下準備に付いて行った。
偉そうに付いて行っても、私に出来る事なんてたいしてなかったので
暇つぶしに『包丁研ぎ』をやって、鼻をほじりながら終わりを待った





今年1年は良い年だった、たぶん。





今日の夕食
『刺身』『鶏唐揚げ』『年越し蕎麦』

世相を多分に反映したチャンネル選択により
紅白歌合戦は観なかった、年末らしくなかった


『寿司』も食べましたね、そういえば。
テイクアウトの有名なヤツ

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

住所不定無職
Akiary v.0.51