鼻ほじってる人の日記

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2006年12月1日(金) 『おおい』

無職は無職なんだけど
たまにさる場所からお給金が出る
たいへんありがたい感じ



小切手でお給金を貰うので
それを持って銀行に行き入金する
そしてたまには外食してみようと
ベトナム料理屋さんでラーメンを食べ
支払いをする時に、ふと思ったんです


『現金で払うってどうなんよ?』


無職はお給金を手にしているが
それは未だサイバーな場所で数値化されてるだけで
実際に無職さんの財布を重くするには至っていない


『なのに、財布を更に軽くするってのはどうなんよ?』


こんな感じで、、、



実際問題として
現金で払うとジャリ銭が返ってくるので
確実に財布は重くなるんだけど
それはそれでどうかと思ったので
賢くプラッチックで払っておきました



なんてったって無職は21世紀に生きているのだ
前世紀では思いもよらぬ未来の道具を持っている

それにしても人間30年も生きると考えることが多い





今日の夕食
『シュークリーム』『オムライス』

午後からシュークリームとプリンを作った
プリンは1日おいた方が断然おいしいので
シュークリームだけ試食してみる
今回のはトリプルクリームの贅沢品

シュークリームをいっぱい食べたので
オムライスは時間をおいてから食べてみた

2006年12月2日(土) 『まける』

姓名判断で点数がつくんだそうな



それもどうかと思うんだけど

『自分は姓名判断で最強だ』

とかなんとか豪語する方がいたので
無職もつい気になってやってみたと、、、



無職は大幅な得点差で負けたよ



ま、別に負けたからって
やっぱりそれはどうかと思うし

いざ文句を言おうにも
名字に対して文句を言うには
机の引き出しからアレに乗らねばならぬし

「あっ、そこには住まない方がいいと思うよ?」





なんて、ご先祖様には言えそうにない





今日の夕食
『餃子』『餃子スープ』

久しぶりに餃子を作ってみたんだけど
前回より美味しくなくて、前々回より美味しかった
そんなことを言いながら食べてみた





10時を過ぎた頃から人が集まりだして
都合午前3時半まで飲み会がありました
最近の日本人コミュニティーの動向とか
いろいろ面白い話をたくさん聞いた

2006年12月3日(日) 『思うこともある』

無職の朝は片付けから始まる



ビール瓶をすすぎ
コップや皿を洗いまくり
冷蔵庫に残ってるビールを見て

『これは洗い賃として無職のものね!!』

なんて、ひとりニヤリとしながら
パンツ一丁で部屋をウロウロしたあと
昼御飯を友達が働くタイ料理屋さんで食べ
午後から公園でボンヤリした





考えてもどうにならないことを考えるし
一人暮らしじゃない現実を痛感したり





今日の夕食
『なし』

おやつにプリンを食べたら
あんまりお腹が空いてない

2006年12月4日(月) 『初雪観測』

登校途中に雪が降りました



バイト先でも教室でも
初雪の話で盛り上がってたんだけど
無職はどちらかというと憂鬱な感じ、、、だってね

雪が降ると
道路に塩やら土やらが撒かれ
自動車が酷いことになって
春までずっと汚いまま





洗車なんてしたことないけど
やっぱり車は奇麗な方がよろしいかと





今日の夕食
『鶏団子鍋』『砂ズリ串』

今日はとっても寒かったので
鶏団子で鍋にして、串に刺したそれを
リビングで直火で焼いたりして
日本酒を飲んだ、月曜日だけどね

2006年12月5日(火) 『喜ばれる』

ホストファミリー宅へ行ってきました



今年の春からこっち
たまにしか顔を出さない感じだったので
最近はできるだけ顔を出すようにと
最低でも月に一回は行くようにしています

で今回は、就職活動がアレになったことを
彼達に伝えたら喜ばれました



「いやぁ、ダメでしたわ」

「じゃあアメリカで働くんやね?」

「はぁ、1年間は働けます。。。」

「ほな60歳の独身女性と結婚するか?」

「えぇ?なんでまた?」

「そしたらグリーンカードが取れる!!」





そういう永住計画はちょっと。。。





今日の夕食
『チーズバーガーの中身』『マッシュポテト』

マッシュポテトがあったので
チーズバーガーをパンなしで食べました
こっちの方が無職むき

2006年12月6日(水) 『記録である』

朝イチでホストファミリー宅を出発



距離にして150キロ
時間にして2時間はかかる道を
3年前は毎日登下校にドライブしてたと思うと
それはそれで頭が悪いなというかなんというか、、、

午前9時過ぎに出発し
11時頃にポートランドに着いて
徳島県人しか知らぬ『おみいさん』という
けったいな食べ物を昼御飯に作って食べた



この難解な現地用語を日本語に訳すとこうだ

『お味噌汁に入れた白御飯がふやけたの』

いや、表現してみて、自分の語彙力のなさに
思わず目頭が熱くなってしまったんだけど
そこには『猫まんまじゃないよ!!』という
徳島県人である無職の強い言い分があるの





でも、作ってるところを見てない人には

『ぶっかけ御飯がふやけたの』

にしか見えない





病床時、毎回出されるその食べ物に
心底嫌気がさしていた無職の幼少時代
テレビで見た『白かゆ』が美味しそうに見えた無職は
病床にふせったある日、母親にゆってみたと、、、



「もう『おみいさん』いらんけん『おかゆ』にして」

「あんなもん、いっこも美味しいないでぇ」

「いぃや!!『おかゆ』が食べたいの!!」

「まぁいいけどぉ。簡単やし」

「梅干しを必ず添えといてな」



これはアレだ
風邪をひいてた可哀想な無職と
その母親が繰り広げた攻防の記録である







今日の夕食
『チップス』『餃子』
『オムレツ』『おみいさん』

チビチビ食べてたら
なんか凄い量を食べていた





無理矢理な感じで渡したんだけど
強引な感じってのはどうかと思った

2006年12月7日(木) 『やっぱり?』

無職にはお兄さんがいる



昭和51年10月のある日
路上で臨月を迎えていた母親とバドミントンに興じ
間接的に無職が生まれるきっかけを作ったという
そんな愉快な4歳半年上のお兄さんなのだが

『あっ御兄弟でしたか』

と、会う人すべてに言われ


『あっお兄さんはこちらでしたか』

と、これまたすべての人に言われるほど
無職とお兄さんは似ていないのだそうだ
(もちろん当人達が知らないワケもなし)



そんな感じなので、無職は小さい頃から

『兄弟というのは別人に見えるものだ』

と思っていたものだし
弟は兄よりも年上に見えるものだ
なんていう感じで自己完結していたものです

という話を、最近とある人にしていたので
今日そのお兄さんの写真を見せてみた
そう想像してください、、、


「うわぁ・・・似てないねぇ」





最近似てきたと思ってたのになぁ





今日の夕食
『玉子スープ』『鶏肉と三度豆の炒め物』
『高菜チャーハン』

茶碗蒸しのハズが
玉子の量を間違えたせいで
玉子スープになっちゃいました

2006年12月8日(金) 『うごかない』

起きたら町が白かった



朝からバイトなので
ちょっと早めに家を出て
車に積もった雪をかき除け
ガラスに着いた氷を削り落とし


いざ出発!!


って感じだったけど
景気よく動くのはタイアだけ
(チキチキがFRな現実を改めて実感)

なので、昨日から予め用意されていた
スリップ防止用の『砂』を撒き撒き
脱出したのが午前8時





バイトは確か8時からだったハズ?





遅刻していったけど
昼からのタダ飯パーティーに出て
午後から栗を剥いたりして過ごしました





今日の夕食
『サーモンと大根のサラダ』
『牛肉サラダ』『ペペロンチーノ』

栗の調理にヘロヘロになった後
作り置きしておいたのとあわせて
今日はちょっと洋風な感じ





いろんな話をした
今日は珍しく酔っぱらった人が
その人の気持ちを聞かせてくれたけど
それとこれとは違う現実問題って感じだった

2006年12月9日(土) 『ふもうだ』

朝の気温は『-10℃』



ノロノロと車を運転し
帰ってきてから洗物をして
ピザを食べて寝て

昼過ぎに起きてから
ジムに行って汗を流す





3週間ぶりのジムだったけど
体重があんまり変わってなかったのは
アレが落ちてアレがのったからか





今日の夕食
『ピザ』『謎の麺』

残り物です
料理する気ナシ




お夕寝したら眠れなくなったので
考えてもしょうがない事を考えてたんだけど
そのままにして後から後悔するのは
ちょっとどうかと思ったので
連絡してみた、、、

小さい頃に思っていた
ダメな大人がいまココにって感じ

2006年12月10日(日) 『ぐちぐち言う』

夜更かししてたので
本を読みながら寝たり起きたりしてました



今日の夕食
『蒸しムール貝』『小エビフライ』

ロブスターを食べたいという人達と
チャウダー屋さんに行ったんだけど
『魚介類は匂いだけでダメ』という
そんな人が一緒に来てました、、、

食欲が全然ないので
友達のをちょっとつまんでみた


友達にぐちぐち文句をゆった
言われた方も可哀想な感じ
大変悪い事をした

2006年12月11日(月) 『いや』

こんなに辛いものだとは思わなかった



今日の夕食
『ビール2本』

思わず手が出た
食欲がないのだ

2006年12月12日(火) 『ひなん?』

今日はアパートの水が出ない



なにやら水道管の修理をするそうで
朝の9時〜正午まで水が使えないんだそうな。。。


バケツに水を汲んでおいて
トイレはそれを使えば大丈夫!!


とも思ったし
下水管とも書いてなかったから
そうしておこうかと思ったんだけど


『なにもアメリカ人の真似して爆弾を落とす事もないし?』


とも考えたので、学校に避難しました
そしたらね、また爆破予告があったんだって





********************

爆破予告がありましたが
今回は無視することにしました

********************





っていう張り紙がされてるのを
授業が終わった後、帰り道で見つけました





今日の夕食
『リンゴ』

とあることを待ってる間
逃さぬようにとリンゴを食べてたんだけど
そのままムシられたので、そのまま





自分だけで清算してしまおうかと
そんな気持ちにムチ打って頑張るのは
もう止めようと思ってしまっている
体重が落ちてるのは嬉しいんだけど
それはそれでどうかとも思うし?

2006年12月13日(水) 『いろいろたのむ』

いろいろと冬休みの予定を。。。



もう慣れっ子さんなので
数日でスッキリした無職さんは
冬休みの予定を立てるべく
友達といろいろ話をした



大学時代からの友人で

『こんなことしたいんだけど?』

と、ひとこと彼に伝えておけば
痒いところにまで手がとどく感じで
アレコレ手筈を整えてくれる



そんな人がいるので
同窓会っぽいことをすべく
彼といろいろ話をしたと。。。


「なんだったら、河原でBBQでもよいよ?」

「うぅ〜ん、京都の街中だしなぁ」

「じゃあ、愛宕山の山頂で湯豆腐とかでもよいよ?」

「あ、いいかもね。往復数時間だし?」

「うん。ちょっと考えといて。。。」




あうち!!





『真冬の猛吹雪の雪山で年越し鍋パーティー』

とかいうそんな事を
隣の家の屋上でするかのような
そんな感覚の持ち主で、しかもやってしまう
彼がそういう人であることを無職は忘れていたよ





雅な無職は重力に逆らって歩くとか
そういう激しい行為はどうも性に合わない






今日の夕食
『ポテトフライ』

今週末で帰る人達に会うのと
ちょっと話を聞きたい人に会いに
毎週水曜日に集まるというバーで
ビール飲みながらつまんできました
そこでも冬休みの予定をチラホラ




お話をしてみた

人は時に、考える事よりも
感じる心を大切にした方がよいよと

考える事は
一歩踏み出してからしようよと

そんな感じで頼んでみた
後はどう行動してくれるかだし
どれだけ大変かと思うと、こちらも心が痛いけど
人は冷酷になった方が相手の傷が浅い時がある

これはアレだ
”被験者”は語るというヤツだ

2006年12月14日(木) 『急変する』

今日で今学期の授業が終了です



今日も朝からバイトなので
働きながらテスト対策の準備をし
ボスとアレコレ話したりしつつ
最後の授業前も考え事をしていたと。。。



『あぁ〜どうなってんのかなぁ』

とかなんとか



今日は学校に来てないそうなので
なんかいろいろ事が進んでいそうな
そんな期待を抱いていた午後3時50分
その当人が突然現れ、無職に紙包みを渡し
呆然とする無職を背にどこかへ。。。





今日はアレコレ終わる日なんやね?





紙包みの中身なんて
あの人の表情から想像するに
今までにあげたモノなことなんて
無職の世代で言うところの

『は○たいらさんに全部!!』

賭けるよりも確実



もう何がなんだか分からなくなったので
とりあえず現実問題から片付けようと
ボスのオフィスにお邪魔してみました



「ボス、、、ダメだったみたいです」

「なにが?」

「ついさっきそこに来ましてね」

「誰が?」

「いや、あの人が。で、コレを渡されました」

「・・・・なにそれ?」



分かってて言ってません?



「今まであげたモノだと、、、あっ手紙が」

「なんて書いてあるの?」

「・・・・シクシク」

「どれ?・・・ま、縁がなかったんじゃない?」

「縁がなかったとか、そんなのヤです」

「だってそう思うしかないじゃない」

「シクシク」



それからはなんかよく覚えてなくて
授業で受けたツアーの内容も全然で
ジムに行ったはいいけど、運動せずに帰り
誰かと話をしようにも、誰もいないので
しかたなく部屋で泣いていたのです
いや、本当の話。。。





そしたら電話がかかってきたので
もう逃すまいと奪いさって来ました

手近なモノだけ持って出てこいと





今日の夕食
『茶碗蒸し』

まず家で落ち着いた後
温かくてお腹に優しそうなモノで





とりあえずは無職の家じゃなく
相談していたという人に連絡をとって
今晩はそこで泊まってもらう事に。。。

テレビドラマみたいだった

2006年12月15日(金) 『追風参考値』

無職は無職だけど彼女ができた



今はまだ書けない事ばかりだけど
今回も女友達にはいろいろお世話になったし
彼女達がいなければこういう結果は出なかった

やっぱり頼りになるのは女性だな






今回の彼女居ない暦の記録
『1年7ヶ月(577日)』

*追風参考*





今日の夕食
『牛肉と豆の炒め物』

夜中2時近くなってから
うちで飲んでた連中と食べた




なんか無職以外にも
アレコレ話が進んでる人がいるらしい
そんな話を今日はたくさん聞いた

2006年12月16日(土) 『回復中』

食べてばっかだった



朝迎えに行って朝食を外で食べ
なんとなく奢ってもらい
昼食を友達とその奥さんと4人で
メインモール側のステーキハウスにて食べる


無職以外の3人は中国語で喋ってたので
無職は店内をキョロキョロしてみたり
たまに分かる言葉が出てくると

「あれ?食べ物の話をしてない?」

とか話の腰を折ったりしてた





食べ物屋さんに来てるんだから
当然食べ物の話をするよ、、、





こんな無職なのに
旅行で訪れている彼らは
昼御飯を御馳走してくれました


あぁごちそうさま
無収入でも太ります


無職は中国の人に
特に何も思う事はなかったけれど
中国の人が大変好きになったよ





今日の夕食
『ライスヌードル炒め(ビーフン?)』

昨日の残り物の残り物という
ちょっと複雑な食べ物

2006年12月17日(日) 『そうらしい』

今日から移っていただく事に



昼前にお迎えに行って
そのままコーヒーを飲んだり
料理雑誌を読んで晩御飯の予定を立てたりし
主婦の人達と食事に行きました



ポートランド市内には
フォー(ベトナムのラーメン)を
それなりのお値段で食べさせる店が数軒あって
そのうちの1軒に久しぶりに行く予定が
日曜日なのに閉店していたので
いつもの店へ、、、



「でね、きのう無職がさぁ、彼女とベタベタやってんのよ」

「そりゃあんた、するんじゃない?」

「そうですよ!させてくださいよ」

「でもさ、弟がそうしてるのを見てるみたいで」

「・・・だったら、なんなんですか!?」

「気恥ずかしいっていうか、、、気持ち悪い」






気持ち悪いは言い過ぎじゃない?






今日の夕食
『カルボナーラ』

せっかくだから
いろいろ作ってみたかったけど
テスト前だし、疲れていたので
昼にリサーチ済みのカルボナーラ




鋳鉄製のフライパンについて
アレコレ考えている

2006年12月18日(月) 『説明せよ』

今日から期末テストです



2週間前の無職は何を考えていたのか

『消費者行動学』と『生産管理学』

この最も苦手としているクラスと、ややこしいクラス
映画で言うところの山場であるクライマックスを
学期末テストの初日に予定してしまうという
気前の良さっぷりを発揮してしまいました

で、その消費者行動学なんですが
自分で商品を一つ選び出し、それの説明をする
しかも英語で、、、





「うぅ〜ん。無職は大まかには理解してるようだけど」

「はぁ、、、」

「専門用語を使えないってことは」

「あまり分かってないんでしょうね!?」



キッパリとゆってみました



「うぅ〜ん、でも留学生だし、英語が母国語じゃないし」

「それは誰よりもよく理解してます、エッヘン」

「うぅ〜ん、じゃあぁ、『可』でいい?」

「マジですか?やたっ」

「・・・」






そうか、、、

無職は消費者で教授は商品を販売する側
消費者の行動を学問する授業だったワケだし?






今日の夕食
『白身魚のあんかけ』

金曜日夜の残り物の残り物
家に帰り着いたのが9時過ぎだったので
残り物で適当に済ませてみました



「なんでもいいから書いて埋めといて!!」

とは、生徒受けがやたらと良い
生産管理学の教授の言葉だ

なんとか乗り切りつつあるよ

2006年12月19日(火) 『ブレンダー』

ミキサーをもらった



前からずっと欲しかったんだけど
モンブランを作るまで特に困らなかったし
あっても、使う料理を知らないし
だからあえて買わなかった品を
今日貰っちゃいました



「をぉ!!ミキサーやん」

「ブレンダーね、欲しかったんでしょ?」

「うんうん、これで煮干しを砕いて、、、」

「や〜め〜て〜っ!!」

「でも、もうコレは無職の物だし?」

「ひぃ〜。外国生まれのブレンダーが煮干しなんて」





だから、ナニ?

『嫌よイヤよも好きのうち〜』

とか言いながら
無職は煮干しを砕いてふりかけを作りました
大変美味しかったけど、周りの反感が凄かった





今日の夕食
『ペストソースパスタ』『砂ズリとセロリの炒め物』
『アボカドとトマトのシンプルサラダ』

昼間の反無職感情を沈めるべく
そのブレンダーを”正規の”方法で使うべく
ペストソースパスタを作ってみました

味も色も市販のものより濃くって
かなり美味しかった、ブレンダー万歳

2006年12月20日(水) 『リスがいる』

今日は財務会計学のテストでした



半分が数学の問題で
しかも4択問題だったので
分からないのは鉛筆を転がしておきました
あとは神のみぞ知る感じ



テストが終わった午後
家に帰ってみると見慣れない品がある
なにやら漢字でアレコレ書いてるんですが
無職には全く判別不可能だったので
その人に見せてみたと。。。



「ヒマワリの種やんっ!!」

「へ〜ふ〜ん」



そんな話をしてると
ルームメイトが帰ってきて言うには
貰い物だから遠慮せずに食べてもいいらしい

そんな事よりも昨日の夜
テスト勉強中にソファーで寝てしまった無職は
一刻も早く風呂に入りたかったので
そのまま風呂に入ったと。。。




「ふふふ〜ん♪まずは腕から〜」

パッチン、パッチン



「ランララ〜ン♪次は背中を〜」

パッチン、パッチン



人が気持ちよくシャワーを浴びてても
リビングから聞こえるその軽快な音に

『誰か爪でも切ってるんだろうか?』

なんて思ってはいたのですが
その音が一向に鳴り止まないので

『あなたは指が何本あるのですか?』

そう聞こうと、部屋に戻ってみたと。。。







ヒマワリの種を食べてたのね?






今日の夕食
『釜揚げうどん』『牛肉と豆の炒め物』
『セロリと人参のサラダ』

今日もブレンダーでアレコレ潰してる間
うどんを茹でたりして簡単に作ってみた

2006年12月21日(木) 『テスト終了』

なんとか今学期も乗り切りました
住所不定無職です



昼御飯をベトナムラーメン屋へ行き
主婦の人の家に遊びに行って
3時間もアレコレ話し込み
忙しい感じだった





さぁこれからみんなの邪魔をするよ





今日の夕食
『中華料理』

ボスとボスのご主人と
中国人の友達と5人で行ってきました
中国で暮らした事のある二人はたいそうご立腹で
「この中国料理は違う」とか言うので

Welcome to the United States!!

って慰めてあげました
たいへん良い事をしたと思う




今日の夜お話をしてて
大変重大な事実を知った
あの連絡がなければどうだったか
そんな事を考えると眠れそうにないよ

これ程までにホッとしたことが
今までにあっただろうか、いやない

2006年12月22日(金) 『はからずも』

金曜日はバイトです



期末テストの最終日だし
バイト先の予約関係もゼロだし
なんの為にそこに居るのか分からないけど
ボスからは

『そこに座っていてヨシ』

といわれているので
8時から12時までの4時間
ボンヤリ受付の置物になってました



無収入でも太ります



昼食を【啓ちゃん@ドレスを買った】と3人で
モニュメントスクウェアの側にあるお店で
ピザとサラダのバイキングを食べた後
メインモールをぶらついてみた

『無職はただ自慢したいだけなんだ』

ということを言うと
かなり『ハァ?』な表情をされたけど
あちこち店を回っているだけで
教授や友達に会ったりして
図らずもそうなったみたい





今日の夕食
『焼き鳥』

砂ズリ・モモ・ネギマにつくね
キャベツを千切ったのにキュウリの浅漬け
リビングにコンロ出してやっちゃいました
部屋が猛烈に焼き鳥臭くなった



ジョーにパーティーに呼ばれてたのに
行ってみると彼の家はもぬけの殻だったので
そのまま無職んちにトンボ返りして飲んでました

11時過ぎてから人が集まり出して
午前1時までは覚えてるんだけど
無職は睡魔に負けてそのまま。。。

2006年12月23日(土) 『移動する』

今日からクリスマスを迎えに
ホストファミリー宅へ行ってきます



今日の夕食
『ピザ』

夕方着いてから
ピザを注文して食べました

2006年12月24日(日) 『クリスマスイブ』

クリスマスイブです



昼前に起き出して
スーパーに買い物に行き
シュークリームを作ったりした午後だった
なんか優雅な感じ





今日の夕食
『ミートパイ』『シュリンプカクテル』

肉と魚介を一度に食べた
なんかちょっと豪勢な感じ





クリスマスプレゼントの交換会をした
無職はフラスコとシャツとギフトカード

とある人は
派手なバッグをもらって困っていたけど
無職的にはアレはあれでいい感じかと

2006年12月25日(月) 『クリスマス』

メリークリスマス



昼前に起き出して
アレコレ準備を手伝って
昼過ぎからクリスマスディナー

ホストファミリーの兄弟とか
いろんな人と話をしながら食事をしてたら
なんか風邪っぽく寒気がしだしたので
午後から横になってました





アメリカでは『牛になる』とは言わないらしい





今日の夕食
『鶏肉の炒め物』『玉子スープ』

夜ポートランドに帰ってきて
さっぱりしたもので済ませてみました





韓国人の友達がウザイ
夜中12時過ぎてから何回も電話してきて
無職は、そのなんかとってもアレな感じに
思わず『キィ〜ッ』となったおかげで
これから離ればなれになるのに
なんかギクシャク。。。

2006年12月26日(火) 『もどる』

日本に帰国するハズだったんですが
パスポートを飛行機内に置き忘れちゃいまして
急遽帰国を取りやめました



航空会社のひと曰く

『身分証明書(運転免許書)があるので日本に入国できます』

とのことだったんですが
パスポートやらビザやらの再申請を
正月を挟んだ2週間でするのは難しそうだったし
なんかでトチれば卒業が軽く半年は伸びる。。。




ということで
無職は一人寂しく
ポートランドで年越します





今日の夕食
『肉野菜炒め』『冷凍ゆで卵』
『ベーコン』

帰ってきてから
あまりの寂しい感じに
友達を呼んで一緒に御飯を食べた
冷凍したゆで卵は白身がスポンジになる
そしてとても不味い




パスポートがないだけで
挨拶に行く予定だとか
うちの両親に会わせるだとか
いろんな予定がすべてパーに。。。

パスポートと違って
彼女だけは再申請ができないので
なくさないようにどうにか頑張ってみたい

2006年12月27日(水) 『いまだない』

何もない感じな住所不定無職です



昼前から空港に出かけ
手荷物関係のオフィスの人に
アレコレ手伝ってもらいながら
パスポートの行方を探してました
結論から言うと


『ココに無いものはナイ』


八方手を尽くしてくれたのですが
どこに電話しても無いものはなくて
しょうがなく家に帰ってきました
預けた荷物が帰ってきただけマシか。。。





パスポートも無職の持ち物なのに

どうやらしつけがなってなかったらしい





今日の夕食
『中華料理食べ放題』

寿司と肉を食べてきました
あそこでは中国料理を食べないのは
無職くらいなもんだと思う





そんな可哀想な無職を
友達がゲイバーに行こうと誘ってくれました
ドラッグクイーン(オカマさん)のショーがあって
口パクで歌ったり踊ったり・・・

そこにいる人達はやっぱりゲイの人達で
皆してパンツやらにチップを挟んでたけど
そういう初体験でも無職はやっぱり異性がいいので
はやる心を鬼にして我慢ガマン



ゲイのバーテンダーのお兄さんの

『俺はストレートだけど?』

とかいう営業トークに騙されてたお姉さんが
無職がお酒を買おうとしている側で


「あいつストレートだって私にゆったのに」

「あぁそうですか、それはそれは」

「私って騙されてたの。キィ〜ッ!!」

「大変でしたねぇ」

「あいつ嘘つきだからチップあげたらダメよ!!」

「・・・はい兄さん、チップ」


ゲイのお兄さんは
とりあえず無職には良くしてくれるので
チップ渡しちゃいました

すまぬお姉ちゃん
無職はひねくれ者なのだよ

2006年12月28日(木) 『転がっていた』

今日も無職はアレな感じです



昼前にボスに電話し
昼御飯をボスのオフィスで食べつつ
アレコレお話を。。。

『パスポートだけに出てくるハズだ』

とかなんとか
2時間程くだらない話を聞いてもらい
久しぶりにジムに行って運動してきました





数キロ単位で増えてる体重を
これから着実に減らそうと計画している





今日の夕食
『甘海老』『肉炒め』『パスタ』

友達が甘エビを持ってきてくれたので
酒のつまみに刺身と茹でたので食べてみました
途中で肉を炒め、パスタを食べる



友達と酒を飲みながら
最近の出来事とかを話してる途中

『酒が足りなくね?』

なんて話になったので
近くのコンビニに買いに行こうと
階段を下りたら、小包が転がっていて
その送り主がノースウェスト航空で宛名が無職


パスポートだった


友達と狂喜乱舞し
ビールで乾杯して御就寝
世の中いい人も沢山いるらしい

2006年12月29日(金) 『にく』

なんかしていました



航空券の払い戻しやら
新しい航空券の購入やらで
あちこち行ったり電話したり



今日の夕食
『中華料理食べ放題』

友達と3人ででかけ
中国料理を一切食べなかった

「ニク〜肉くれニク〜」

っていう感じで
3人で肉と寿司を食べてました

2006年12月30日(土) 『里に帰らせていただきます』

ちょっとした事情がありまして
どうしても日本に帰ることにしました



朝の5時半にボスに空港まで送ってもらい
フェイスクリームからデオドランドから
髭剃りクリームから歯磨き粉までぜぇ〜んぶ


『残量がどうであれ3オンス以上のモノは持ち込めません』


なんだそうなので
全員とお別れしてきました
飛行機を降りたころには





「やぁ〜い無職クサイ〜キタナイ〜」

とか言われるんだと思う





今日の夕食
『照り焼きチキン』

飛行機の中では『昼食』
っていってたけど無職的には夜御飯



あとはずっと本を読んでました

2006年12月31日(日) 『どうなん?』

ヘロヘロになって関空へ



米国東部時間午前3時
飛行機内で急かされながら朝食を食べ
数十分後に日本に降りたら午後5時

帰国手続きもスムーズに済み
彼女が出迎えに来てるそうなので
ウキウキしながらゲートを出たと。。。



「まいど〜」

「あっ!!む〜しょ〜〜くじゃない!!」

「え!?」

「なんか違う、無職?」

「無職本人が無職って言うんだから無職です」

「ジャケットのシミがない。。。洗ったんだ?じゃ無職だね」





なんか違うと思うのは無職だけか?





「ま、いいや。お土産を持ってきたんだよね」

「なになに?」

「ジャジャ〜ン、飛行機内安全のしおりセット」

「・・・・・」

「客室乗務員はシールドをアームドにしてください」

「・・・・・」

「当機は定刻を1時間ほど遅くオヘア空港を出発し。。。」

「こんなのいらない」

「本当は欲しいのに恥ずかしくて持って帰られないシリーズなのに?」

「ねぇ・・・」

「・・・ハイ」

「やっぱりポートランドとの無職と違うわ」

「ど、どこが違うんでつか?」

「うぅ〜ん。。。無職ちいさい!!」





あぁた、彼氏相手になんの話をされてるんですか?





今日の夕食
『煮物とか』

バスと汽車を乗り継ぎ
最後は歩いて実家に帰ってきた午後10時半
すでに出来上がってた父と兄を相手に
ビールと日本酒で乾杯



「ただいまぁ」

「あれ?なんで電話してこんかったん?」

「は?ほなって酒飲んでるやん」

「だからチャリで行こうとやねぇ。。。」

「ふ〜ん」



飲酒運転には変わりがないと思うのよ

ねぇ、日本ってこんなんなん?
Akiary v.0.51